広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

駅に巨大野菜が生えた

巨大な野菜の柱巻き広告。リアルな形状に触る者が続出した。(一部合成)

8月31日から1週間、JAグループは、国産野菜の広告プロモーションでOOHメディアを使った。丸ノ内線新宿駅の地下通路でまず目に入ったのは、巨大な野菜だ。驚くことに2m以上の大根、にんじん、なす、きゅうり、さつまいも、とうもろこしなど棒状の野菜が15本、にょきにょきと地面から生えていたのである。

担当者によると、8月31日は「野菜の日」であり、都会の人、とりわけ野菜の摂取が少ない若年層を中心に、もっと国産野菜に関心を持ってほしいと思い企画したとのことだ。

巨大野菜のベースは柱で、柱巻き広告だ。通常はシートを貼り平面だが、今回は立体的形状になっている。さつまいもやきゅうりには不規則な凹凸やトゲトゲがあり、大根にはきちんと“ひげ根”が生えている。とうもろこしは皮と実と髭がある。実の一粒一粒は柔らかく、微妙に色合いが違うなど非常にリアルだ。材料は、発泡スチロールを削り出し、表面をウレタンコーティング・塗装で仕上げたそうだが、とうもろこしの粒は、原型を型取りし、発泡ウレタンで成型し塗装。皮は、すじの入った生地に塗装。ヒゲは麻を使うなど手が込んでいる。担当者が製作現場でその質感を確認し、本物に近いように修正も依頼したそうで、その心意気が伝わってくる。

巨大野菜の威力は抜群で …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

Netflixがついにサービスを開始 日本の映像市場はどう変わるか
密度の濃いコミュニケーションが存在価値 スマートフォンで語れるイベント
広告主は「プロモーション企画費」をどのようにとらえているのか
新鮮なアイデアで国産野菜をOOHメディアでPR(この記事です)
新聞・通信社、戦後70年でデジタル展開 蓄積データ、取材力を活用
ワイドFMが新たな動きと求められるAM各社の変革
9月の注目ニュースとは?広告界ニュースダイジェスト
第38回「プロモーション業界実態調査」 SP売上の対前年比はやや増加
優れたグラフィックデザインによる駅ばりポスターでのブランディング
日経、英紙FTを買収 グローバル化とデジタル化を推進
2016年から4K・8K試験放送、今後の普及なるか
8月の注目ニュースは?広告界ニュースダイジェスト
現代のイノベーションの潮流は古きものと新しきものの共存、住み分け
2014年のイベント市場規模 推計は15兆5200億円
コンテンツとコミュニケーションが“同居”するこれからの動画
JACEイベントアワードからイベントの意味合いを考える
第13回 JPMプランニング・ソリューション・アォード各受賞作品が決定

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する