広告マーケティングの専門メディア

REPORT

ミッドタウンにて「Kaizen Growth Drive 2015」を開催

Kaizen Platform

Kaizen Platformは、7月23日に東京・ミッドタウンホールにて初のマーケター向け主催イベント「Kaizen Growth Drive 2015」を開催。当日は、200名を超えるマーケターが参加をし、大きな盛り上がりを見せた。

セミナー冒頭であいさつに立ったKaizen Platformの創業者兼CEOの須藤憲司氏。リクルートを経て2013年にKaizen Platformを米国で創業。現在はサンフランシスコと東京の2拠点で事業を展開する。社内にエンジニアやデザイナーがいなくても実現できるWebの継続的な改善が市場に受け入れられ、すでに大手企業120社、40カ国3000アカウントの利用がある。

事業成長を担うマーケティングリーダーが集結

WebサイトのUI/UX最適化ができるオンラインソフトウェアと、企業が外部のプロにデザイン改善案を募れるグロースハッカーネットワークによって、企業のROI改善を支援するKaizenPlatformは、7月23日に東京・ミッドタウンホールにて初のマーケター向け主催イベント「KaizenGrowth Drive 2015」を開催した。

小売り、サービス業など顧客と直接接点を持つ業態の企業はもとより、デジタル時代の到来はマスプロダクツメーカーを含め、あらゆる企業が顧客と直接の接点を持てる環境をつくっている。加えて、消費者がオンラインで過ごす時間が長くなればなるほど、デジタルを中心とするユーザーエクスペリエンス(UX)の向上が重要になり、顧客の声や行動を基にした日々の改善が企業の競争力の源泉となりつつある。今回のイベントは、顧客と真剣に向き合い、事業成長を担うマーケティングリーダーが、その足がかりを手に入れられる場、同様の意識を持った仲間と知り合える場となることを目的として開催された …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

ミッドタウンにて「Kaizen Growth Drive 2015」を開催(この記事です)
広告界の功労者を表彰 全広連大会開催
顧客接点の革新が企業にイノベーションを起こす
テクノロジーの進化が実現させる“マーケティング新時代”
コモディティ化脱却のカギは、お客さま視点。
データの効果的な活用によりコミュニケーションを最適化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する