広告マーケティングの専門メディア

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本―コピーライティング

完成度を高める、デザイン・ディレクションの基本

真下 淳(日本航空)

より効果的・印象的に伝えるためには情報やイメージにおける優先順位をつける必要がある。

デザインの役割は何か?

伝えたい情報やイメージを、より正確に、より印象的に伝達すること。それがデザインの役割です。より正確に、より強く伝えるためには、情報やイメージを吟味し、優先順位をつけて取捨選択を行う必要があります。そういう作業の中で集約された情報やイメージが研ぎすまされ、見る人の心を動かすこと。これこそが、デザインの最大で唯一の目的となります。その目的を達成するため、優れたデザインとは表面的なビジュアル表現だけではなく、情報伝達計画や演出手法など、細かく計算されています。「集客につながるプロモーション」「他社との差別化」「話題性の提供」など、優れたデザインは、企業の経済活動にさまざまな効果をもたらします。

セールスプロモーションとしてのデザインの役割

例え、どんなに魅力的で社会の役に立つ商品を開発したとしても、世の中に認知されなければビジネスとしては成り立ちません。日本国内だけでなく、世界のマーケットでの競争が不可欠な現在において、セールスプロモーションの重要性はますます高まっています。良いものさえつくれば売れる時代は過去のものとなり、いかに市場へPRできるかが成功のカギとなっています。具体的には、より集客力のあるインパクトのある仕掛けと、継続的に売れ続けるためのプロモーションツールの開発、さまざまな媒体を複合的に活用した効果的なPR活動などです。商品の価値を高め、企業イメージの向上をもたらす現代のセールプロモーションにおいて、優れたデザインは不可欠な要素となっています。

企業の目的とデザインの目的

伝えたい情報やイメージは …

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝担当者が知っておきたいクリエイティブの基本―コピーライティング の記事一覧

完成度を高める、デザイン・ディレクションの基本(この記事です)
「コピーライティング」の成功例
思考の混沌状態が、質の高いコピーを生む
インパクトより、その企業「らしさ」を大事にしよう

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する