広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

広告会社の若手社員に聞いた就活のコツ「ブレそうになっても踏みとどまる」

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、広告界で働く先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。就職活動を経て広告会社で働く先輩がアドバイスします。

大学1年生のころからアルバイトをしていたお店です。店長のおばちゃんは、もう一人の母親だと思っています。就活のこと、将来のこと、人生のこと、いろんな相談ごとを、一緒に悩んでくれました。

就職を意識し、具体的な活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学2年生の後半です。当時は漠然と、何かをつくる仕事がしたいと思っていました。

そんな時、友人に誘われて広告コピーの無料講座に参加したんです。そこで聞いた「コピーライターに特別な才能なんていらない。普通の人こそ、コピーライターに向いている。もし、コピーライターに必要な才能があるとすれば、普通の人の思いを、普通に考えることのできる力なんだ」という言葉に衝撃を受けました。これがきっかけで講座に通い、コピーライターを志望するようになりました。

広告界はずっと第一志望で広告界以外にエントリーした会社はありません。コピーライター志望だったので、総合職で採用される広告会社よりも …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

広告会社の若手社員に聞いた就活のコツ「ブレそうになっても踏みとどまる」(この記事です)
自分が納得できれば頑張れる
心が動いた瞬間を転職活動に応用
面接官も同じ人間なのだと認識する
落ちたら「縁がなかった」と割り切る
あきらめなければ見つかる!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する