広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

個人の能力をオーバーラップさせ新しいアイデアを創発する

グレイワールドワイド

世界96カ国、154都市にオフィスを持つインターナショナルエージェンシー、グレイグループの日本法人であるグレイワールドワイド。現在、業績好調な同社の裏側には、個々人の力を最大限に生かす会社の環境があった。

「ファブリックケアチーム」のメンバー。左から、五十嵐順子氏、石塚亮平氏、堀川早紀子氏、河野紗和氏、ケネス・タイ氏。

真のパートナーとして共にブランドを育てていく

「レノアハピネス」テレビCM

グレイワールドワイドは、1963年の設立以来、50年以上にわたり「ブランド構築」に重きを置いたコミュニケーション提案を行ってきた。ターゲットの環境やインサイトを探り出しながら、今後5年10年と、長期的にブランドが確立される姿をクライアントと一緒に描き、真のパートナーとなってブランドを育てていくことを目指している。

クライアントとの信頼を築くには、会社としての十分な実績や経験に加え、個々の力も重要となる。同社のアカウントチームの中でも、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)を主なクライアントとするファブリックケアチームの精鋭たちに話を聞いた。柔軟剤「レノア」や、洗剤「ボールド」はチームが担当する主力ブランドだ。

国内柔軟剤シェアNo.1ブランドの「レノア」。同ブランドは、従来の「柔らかさ」「香り」といったベネフィットではなく、「防臭」という新たなカテゴリーを訴求して成功してきた。

これまで消費者のニーズに応え、香り付け専用ビーズ「アロマジュエル」、高級柔軟剤「オード リュクス」、消臭専用の「デオドラントビーズ」と新しい商品を企画してきたが、細分化が進む市場において、新商品を出すだけではビジネスの伸長は望めない。シェアトップの座を維持していくため、変化するターゲットの徹底的な理解が重要となる。最近では、「柔軟剤以上、香水未満。」をうたった柔軟剤「レノアハピネス」の売上が好調だが、これも「香水を使いたくはないけど、香水のような良い香りを楽しみたい」といった消費者インサイトを、同チームが調査によって掴んだことで得られたものだ。

またグローバルブランドでは、本国で制作した広告を基に各国ごとにアダプテーションするケースが多いが、それがないのがレノアブランドの特徴。東京で開発したクリエイティブでも、効果があれば、他の国で使用されることもあり、東京オフィスが、世界の柔軟剤のアイデアセンターとして育ちつつある。

「ボールド」も、消費者に新たな価値を提供してきたブランドだ。それまで女性の起用が当たり前だった洗剤カテゴリーの広告に初めて男性を起用し、男性の家事に対する考えや、洗濯のイメージをポジティブなものに変えてきた。それは、夫婦共働きが増え、家事の分担が当たり前になってきた現代家庭の象徴として教科書にも載るほど話題になった。現在の「ママは外国人」キャンペーンでも、以前と変わらず洗濯の楽しさを表現し続けている。

衣類の消臭専用「デオドラントビーズ」



「ボールド」テレビCM

個人がベストを出せる環境づくりをサポート

そんなファブリックケアチームの強みは、“個々の力を最大限に仕事に生かしていること”だという。また、自分の仕事の領域を超えて動く人が多く、そこがオーバーラップしてより良いアイデアやクリエイティブが生まれている実感もあるという。

「それぞれの部署が常にブランドのことを考えており、さらにはチームワークを生かして、時に役割を超えた仕事をすることでよりよい広告をつくっていっています」と話すのは、アカウントスーパーバイザーの堀川早紀子氏。立場や国籍、ステータスに関係なく、自分たちの能力でベストを尽くせる人たちが集まり、まとまったチームになっているという。

また、シニアアカウントディレクターの五十嵐順子氏は、「個人が活躍するためのサポートを惜しまない会社」と語る。「他の広告会社と比べると、ワーキングマザーの人数が断然に多いと思います。どんな状況の人でもサポートしてあげようという考えのある、温かい会社だと思いますね」。

そして、こうしたワーキングマザーとして働く社員のアイデアが主婦層をターゲットにした商品の多い同社の強みにもなっている、と五十嵐氏。「広告をつくる上で、自分自身が消費者であることも重要なこと。どうテレビを視聴しているのか、LINEを使ってどんなコミュニケーションをとっているのか。実生活の中でリアルな消費者のあり方が見えますし、それがアイデアとして生きることも多々あります」。

そうした個々の能力を大切にする環境だが、共に働く相手を見極める際に重視しているのは、意外にも「肩肘はらずに人と話ができること」。英語力やコミュニケーション能力というスキル以上に、「明日その人が横にいて仕事をすると思ったときにフィットするか?」ということを見ていると話す。それが合えば、国籍・前職・属性が何であれ、その素地を最大限に生かす用意がある。

先日リノベーションしたオフィスのテーマは、『InspireCreativity』─刺激し合う空間。会議室には部屋ごとにテーマがあり、クリエイティブマインドの刺激を意識したつくりになっている。

ファブリックケアチームに聞いた「こんな人と一緒に働きたい!」

・「各方面のプロと一緒に仕事することで他の領域を実践的に学べる環境です。まずはやってみたい、チャレンジしたいという熱意を持っている人に来てほしい」

・「体育会系で気力と体力のある人」

・「フレキシブルに、色々な境界線を越えていける人」

・「当たり前のコミュニケーションができる人」

・「コミュニケーション能力があり、目の前のことから逃げないで取り組める人。自分が目立つのではなく黒子に徹して人を押し上げることができる人」

Pick Up!(PR) の記事一覧

個人の能力をオーバーラップさせ新しいアイデアを創発する(この記事です)
CSRを軸とした企業の新たなマーケティング戦略とは
“CSR×マーケティング”で消費者、社会を動かす
広告界は「大航海時代」 力を結集し変革に挑戦
第三者の目で最適なツールを選択 プライベートDMP構築を全面サポート
データドリブンな施策による顧客体験の提供が「逃している6割の潜在顧客」を捉える
動画の活用で広がる オンラインマーケティングの未来
ファンとの関係を新しい顧客との出会いに生かすには?
ビッグデータ活用によりマーケティングの最適化を実現
宣伝部長アンケートから読み解く広告主の展望と課題
2014年度のDMナンバーワンは?全日本DM大賞発表
スマホは、まだまだ“遊べる”メディア
米国ストックフォト界の革命児 シャッターストックが日本“本格上陸”
Behaviorを基にしたマーケティング
2015年はインターネット“的”動画運用のフェーズへ
動画の普及が後押しする“プレゼン革命”

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する