広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

2000名以上のプロが参加 クラウド型動画制作プラットフォーム

Viibar

蓄積されるデータを基にいい動画の判断材料を提供

動画に興味を持つ企業は増えているものの、マーケティング活用はもとより、制作においても方法論が確立されておらず、実施に際して二の足を踏んでいるという声も多く聞こえてくる。2000名以上のプロのクリエイターと動画をつくりたい企業をマッチングさせるクラウド型の動画制作プラットフォームを運営するViibarのCEOである上坂優太氏も前職の楽天時代にマーケティング担当として、この課題を感じていた。

マーケティング課題の解決につながる、質の高い動画を低価格で提供するビジネスが実現できないか…。そんな上坂氏の思いから生まれたのがViibarだ。

楽天の前には映像制作会社でクリエイターとして仕事をしていた経験もある上坂氏。Viibarの立ち上げの背景にはクリエイター時代から抱いていた問題意識もある。「自分の仕事が、どれだけクライアントの役に立ったのか、その貢献度合いが伝わってこなくて、もどかしく感じることも多かった。クライアントと直接つながることができるプラットフォームはクリエイターにとっても魅力的な場になるはずという確信があった」と話す …

あと62%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

2000名以上のプロが参加 クラウド型動画制作プラットフォーム(この記事です)
カスタマージャーニー分析にもソーシャルビッグデータの可能性
オムニチャネルでのマーケティングオートメーションを実現
9300万IDを基盤にしたマーケティングプラットフォームを提供
複雑なトピックを3分で分かりやすく伝える「解説動画」とは?
「言葉」に対する理解をマーケティング領域で活かす

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する