広告マーケティングの専門メディア

有力企業80社宣伝部長の戦略

CVSは第3フェーズに 行動とブランディングが共鳴しあう活動を目指す

ファミリーマート

ファミリーマート 審議役 総合企画部 マーケティング室長 叶田義春氏 
1989年ファミリーマートに入社。スーパーバイザー、営業所長、地区部長を歴任。個店競争力の強化、地区のマーケティング、成長力強化に向けてさまざまな活動に携わる。2007年に本社営業本部に移動。全国店舗の営業数値のさらなる向上、個店成長力強化に向けての施策を推進。2015年3月 現職に就任。

インナーブランディングもCVSの宣伝の重要な役割

私はファミリーマートに入社して以来、個店を基軸とした営業畑を歩んできました。「店舗」は、お客さまと接する最前線であり、今年の3月に現職に就任した後も、私のミッションは、全体のブランディング、広告宣伝の戦略と各店舗が提供する価値とが一体化するよう、いわば「現場感覚」を持ってキャンペーンや広告宣伝を推進することだと考えています。

CVSは現在、新たな段階に突入しています。創生期である「第1フェーズ」は24時間営業などの利便性が喜ばれた時代であり、その後 …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

有力企業80社宣伝部長の戦略 の記事一覧

広報との連携で広告効果を向上させる
メディアと協働して新しい広告・コンテンツのビジネスモデルをつくりたい
CVSは第3フェーズに 行動とブランディングが共鳴しあう活動を目指す(この記事です)
「広告屋はいらない」 ビジネスの理解が求められる
持続的成長のため広告方針を転換 「安心と愉しさ」を伝える
進むデジタルシフトが課題 ブランド刷新を図っていく
2020年に向けて拡大する市場 インバウンド領域にも力を
ブランドイメージはCMで メディアごとに役割を分担
レシピ投稿すべてに返信 データの蓄積がアイデア発想の起点に
差別化のハードルが高まるなか「クリエイティブ力」が求められる
約3割が組織改編 背後にある企業の狙いとは?
宣伝部長注目の「手法」や「デジタルツール」は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する