広告マーケティングの専門メディア

有力企業80社宣伝部長の戦略

進むデジタルシフトが課題 ブランド刷新を図っていく

ニッセン

ニッセン 営業統括本部 プロモーション本部 本部長 栗山恵吉氏
愛媛大学を卒業後、1996年ニッセンに入社。通販事業部商品本部予測分析部に配属。以来、一貫してマーケティング畑を歩む。08年マーケティング本部データベースMK部 部長、12年シナジー開発室 室長、14年2月マーケティング本部 副本部長、14年2月営業統括本部セールス&マーケティング本部 副本部長を経て現職。

拡大するネット経由の売上 デジタルシフトが課題に

当社の主な事業はカタログ通販ですが、日本でも流通市場におけるネット販売の比率が増加傾向にあるなか、紙のカタログ以外のツールでどうお客さまとコミュニケーションをとっていくかが課題となっています。

一昔前までは良いカタログを制作して、それをどのお客さまに届けるかを最適化していけば高い費用対効果でお客さまにも喜んでいただけていました。しかし、当社の売上を見ると、すでにデジタル(オンラインショップ、電子カタログ)チャネルが紙の冊子を凌駕しています。紙のカタログが重要なプロモーションツールであることに変わりはありませんが、従来のやり方を変えていかなければなりません。これまで紙のカタログ中心にWebコンテンツを開発していましたが、今後は主従関係を変え …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

有力企業80社宣伝部長の戦略 の記事一覧

広報との連携で広告効果を向上させる
メディアと協働して新しい広告・コンテンツのビジネスモデルをつくりたい
CVSは第3フェーズに 行動とブランディングが共鳴しあう活動を目指す
「広告屋はいらない」 ビジネスの理解が求められる
持続的成長のため広告方針を転換 「安心と愉しさ」を伝える
進むデジタルシフトが課題 ブランド刷新を図っていく(この記事です)
2020年に向けて拡大する市場 インバウンド領域にも力を
ブランドイメージはCMで メディアごとに役割を分担
レシピ投稿すべてに返信 データの蓄積がアイデア発想の起点に
差別化のハードルが高まるなか「クリエイティブ力」が求められる
約3割が組織改編 背後にある企業の狙いとは?
宣伝部長注目の「手法」や「デジタルツール」は?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する