広告マーケティングの専門メディア

有力企業80社宣伝部長の戦略

宣伝部長注目の「手法」や「デジタルツール」は?

編集部では、広告宣伝活動に関する匿名でのアンケート調査も実施した。ここではその調査から分かった、いま企業が注目している領域や手法、現在抱えている悩みなどを調査結果とともに紹介する。

 

【 調査概要】調査対象:全国の広告主企業を中心とした宣伝部門責任者83人
調査期間:2015年3月24日~4月22日 調査方法:インターネット調査

オンライン動画に注目
DMPも導入に前向き

調査に協力いただいた企業は、業種業態、企業規模が異なる全83社。宣伝広告部門の責任者の方を中心に回答してもらった。

2015年、広告宣伝活動において「注力したい施策・領域」について質問したところ(図1)、最も多かったのは「企業のブランド価値を向上させること」(73.5%)で、「商品の売上を宣伝施策で高めること」(48.2%)、「見込み客の発掘」(33.7%)、「メディアの効率的なプランニング・バイイング」(26.5%)と続いた。ブランド価値の向上が、今企業活動にとってますます重要になるといえる。

あわせて聞いた、いま注目している「手法」については …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

有力企業80社宣伝部長の戦略 の記事一覧

広報との連携で広告効果を向上させる
メディアと協働して新しい広告・コンテンツのビジネスモデルをつくりたい
CVSは第3フェーズに 行動とブランディングが共鳴しあう活動を目指す
「広告屋はいらない」 ビジネスの理解が求められる
持続的成長のため広告方針を転換 「安心と愉しさ」を伝える
進むデジタルシフトが課題 ブランド刷新を図っていく
2020年に向けて拡大する市場 インバウンド領域にも力を
ブランドイメージはCMで メディアごとに役割を分担
レシピ投稿すべてに返信 データの蓄積がアイデア発想の起点に
差別化のハードルが高まるなか「クリエイティブ力」が求められる
約3割が組織改編 背後にある企業の狙いとは?
宣伝部長注目の「手法」や「デジタルツール」は?(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する