広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

ファッション誌から見える女性の意識の変遷

甲南女子大学 人間科学学部文化社会学科 米澤泉准教授

女子の時代
馬場伸彦/池田太臣編著

米澤准教授のお勧めの1冊は馬場伸彦、池田太臣編著の『女子の時代』(青弓社刊)。

既成概念を壊したファッション誌の言葉

日本のファッション誌の歴史はマガジンハウスが1970年に創刊した『anan(アンアン)』からスタートした。その翌年には集英社が『non-no(ノンノ)』を創刊。当時これら2誌が提案するライフスタイルに影響を受けた女性は“アンノン族”と呼ばれた。それ以来、ファッション誌は、“JJガール”や“シロガネーゼ”といった、女性のライフスタイルを表現した新しい言葉を次々と生み出している。

こうしたファッション誌の研究では、古くはフランスの哲学者ロラン・バルトが衣服の流行を論じた『モードの体系』などが知られている。だが、『JJ』(光文社)や『CanCam』(小学館)など、20代前半の女性を対象とした日本のファッション雑誌は、これまで体系的に研究されていなかった。甲南女子大学人間科学部の米澤泉准教授は「ファッション誌は女性の社会的な生き方に非常につながっている。そこに着目して研究をスタートした」と話す。

米澤氏は「ここ数年、ファッション誌はカジュアル化が進んでいる」と言う。それまでは …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

ファッション誌から見える女性の意識の変遷(この記事です)
消費者の投稿を分類し購買行動の可視化に取り組む
マス・カスタマイゼーションとパーソナライゼーション
キャラクターとその効果を類型化 “予測可能”なヒットを生み出す
データを基に分析 普及、流行は予測できる?
心理学を応用した広告・マーケティングの可能性

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する