広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

これまでのサービスの考え方を逆転させる1冊とは

『「闘争」としてのサービス』著者 山内裕

「闘争」としてのサービス 顧客インタラクションの研究
□ 著者/山内 裕
□ 発行所/中央経済社
□ 価格/2600円(税抜)

サービスの概念を根本から問い直す。

従来の理論で説明できないサービス

鮨屋で無表情な親方を前に緊張しながら注文する客。京都の料亭で食べ方もわからない料理を出され動揺する客。フランス料理店で理解できない名称が並ぶメニューから不安気に注文する客――サービスとは顧客を満足させることであるとか、居心地の良い空間・時間を作り出すことであると言われているが、従来のサービス理論では前述の事象を説明することができない。

「私は従来の理論を逆転させ、サービスとは闘いであるというテーゼを掲げています」と話すのは、『「闘争」としてのサービス 顧客インタラクションの研究』の著者、山内 裕氏。同書は「サービスとは闘いである」という主張のもと、サービスの本質について指南する一冊である。「闘争」という言葉はG.W.F.Hegelの「生死を賭した闘い」に由来する。人は相手からの承認を求めて相手を圧倒しようとするが …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

これまでのサービスの考え方を逆転させる1冊とは(この記事です)
日本のライセンス市場を読み解くヒント満載の1冊
『マーケティングの嘘』
『間メディア社会の〈ジャーナリズム〉ソーシャルメディアは公共性を変えるか』著者インタビュー

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する