広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

超人スポーツ本格始動 さまざまな分野をつなぎ場を創造

日本イベント産業振興協会 主任研究員 越川延明

超人スポーツ協会、本格始動

超人スポーツ協会(Superhuman Sports Society 略称:S3(エスキューブ))がついに本格始動する。同協会の説明によると、「超人スポーツ(Superhuman Sports)は、いつでも、どこでも、誰もが楽しむことができる新たなスポーツを創造するためのチャレンジです。人間の能力を補綴・補強・拡張可能なAugmented Human技術に基づき、皆が個々人の身体的な能力の差など目立たなくなるくらい超人的な力を身につけることで、同じ超人同士として一緒のフィールドで競い合う、人間と機械が融合した「人機一体」の新たなスポーツを創造します」(超人スポーツ協会HPより引用)。

そして、超人スポーツ三原則として掲げている「技術とともに進化し続けるスポーツ」「すべての参加者がスポーツを楽しめる」「すべての観戦者がスポーツを楽しめる」に基づく新しいスポーツに取り組み、「身体・道具・フィールド・トレーニング・プレイヤー層・観戦」などのスポーツの環境そのものを拡張していく。

10月に超人スポーツ大会開催

設立初年度の 2015 年は、第一回「超人スポーツ大会」を10月に開催する。それに先立ち、「Superhuman Sports ハッカソン」を行い、新競技の企画開発をして、その成果を第一回超人スポーツ大会にて発表する計画である。超人スポーツ大会は継続的に開催し、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会でのサブイベントの開催を目指している。

同協会は1964年の東京オリンピック開会式から50年にあたる2014年10月10日に設立された「超人スポーツ委員会」を母体としている。同委員会は …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「住みますアジア芸人」、アジアで広がるチャンスを掴めるか
超人スポーツ本格始動 さまざまな分野をつなぎ場を創造(この記事です)
2014年のプロモーション広告費は微増 プロモーションに期待されること
広告主好みに駅のデジタルサイネージを着せ替えてみる
広告主が使いやすい新聞広告へ 広がるPDF送稿への対応
問題続出で揺れるNHK、一方で“粛々と”進む経営計画や事業計画
4月の広告界ニュースをプレイバック
JIAAがネイティブアドのガイドライン策定 広告表記や広告主主体者の明示を促す
2015年秋に「ネットフリックス」日本上陸 日本のテレビ業界に与える影響とは
現実を巻き込む陣取りゲーム「Ingress」 地域活性で企業や自治体が注目
メーカーの営業員支援がプロモーションの重要テーマに
駅にあるOOHを活用したO2Oプロモーション
新聞各社の電子版PRの動きが加速 ユニークな動画コンテンツの作成が活況
4K8K推進の動きが加速 スカパー!で実用放送開始
「理論と実践」双方から探究を続ける日本マーケティング学会、2014年度の活動
4年連続の増収維持~2015年度テレビ営業収入見通し~
第3回「全広連日本宣伝賞」にセブン&アイ・鈴木会長、宣伝会議・東会長ら

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する