広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

4月の広告界ニュースをプレイバック

稲垣正夫氏。

早期から海外提携を模索 「アニメのアサツー」確立

アサツー ディ・ケイ(ADK)創業者の稲垣正夫相談役が4月16日、死去した。92歳だった。通夜・告別式は近親者のみで行った。後日「お別れの会」を開く。

稲垣氏は1922年愛知県生まれ。外務省を経て、56年にADKの前身「旭通信社」を4人で創業した。当初は雑誌広告を中心に業績を伸ばし、73年に広告界で国内ベスト10入り、97年には電通、博報堂に次ぐ業界3位に押し上げた。99年には同業の第一企画と合併し、ADKとして再スタート。同社の社長、会長を2010年まで務めた。

個々の社員が経営者意識を持つ「全員経営」を経営哲学に掲げた。稲垣氏は次のような言葉を残している …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

「住みますアジア芸人」、アジアで広がるチャンスを掴めるか
超人スポーツ本格始動 さまざまな分野をつなぎ場を創造
2014年のプロモーション広告費は微増 プロモーションに期待されること
広告主好みに駅のデジタルサイネージを着せ替えてみる
広告主が使いやすい新聞広告へ 広がるPDF送稿への対応
問題続出で揺れるNHK、一方で“粛々と”進む経営計画や事業計画
4月の広告界ニュースをプレイバック(この記事です)
JIAAがネイティブアドのガイドライン策定 広告表記や広告主主体者の明示を促す
2015年秋に「ネットフリックス」日本上陸 日本のテレビ業界に与える影響とは
現実を巻き込む陣取りゲーム「Ingress」 地域活性で企業や自治体が注目
メーカーの営業員支援がプロモーションの重要テーマに
駅にあるOOHを活用したO2Oプロモーション
新聞各社の電子版PRの動きが加速 ユニークな動画コンテンツの作成が活況
4K8K推進の動きが加速 スカパー!で実用放送開始
「理論と実践」双方から探究を続ける日本マーケティング学会、2014年度の活動
4年連続の増収維持~2015年度テレビ営業収入見通し~
第3回「全広連日本宣伝賞」にセブン&アイ・鈴木会長、宣伝会議・東会長ら

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する