広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

心が動いた瞬間を転職活動に応用

33歳 合田陽太郎

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、広告界で働く先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。転職活動を経て制作会社で働く先輩がアドバイスします。

『縁結びお守り』 鎌倉 成就院
この神社の縁結びお守りは、恋愛だけでなくあらゆる縁を結んでくれます。転職のためにあらゆる手立てを打ったら、後は神頼み。僕は、行きたい企業に内定をいただくことができました。

転職を意識し、具体的な活動を始めたのはいつ頃ですか?

もともと、人を笑顔にしたい、喜ばせたいという気持ちがあり、22歳からレストランでウェイターをしていたのですが、28歳の頃に広告界への転職を考えるようになりました。当時の僕は料理に関連した知識や冗談を交えて、お客さんを笑顔にすることに熱中していましたが、どう頑張っても一日に接客できて20人。もっと多くの人を笑顔にするにはどうすればいいか、と考えていた時に、CMプランナーという職業を知りました。実は …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

心が動いた瞬間を転職活動に応用(この記事です)
面接官も同じ人間なのだと認識する
落ちたら「縁がなかった」と割り切る
あきらめなければ見つかる!
制作会社内定者が語る「好きなことなら頑張れる?」
自分の頭で考えることが、一番大切

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する