広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICK キャンペーン

2020年東京オリンピックに向けて新たな売り場となるか!?

東急ハンズ

東京メトロ丸の内線新宿駅メトロプロムナードに“設置”された9つのバーチャル自販機。

新宿駅と大阪駅にカラフルな自販機が出現

東急ハンズはリアルとデジタルがシームレスにつながるオムニチャネル化推進の一環として、3月16日から22日までの1週間、新宿駅と大阪駅で、「バーチャル自販機キャンペーン」を実施した。

期間中、同社が提供する「東急ハンズアプリ(ダウンロードは無料)」を使うと、自動販売機の実物大写真が印刷された駅貼りポスター“バーチャル自販機”から実際に商品が買えるというものだ。

バーチャル自販機が“設置”された場所は、東京メトロ丸の内線新宿駅メトロプロムナード、大阪駅中央口中2階通路の2カ所。新宿駅ではステーショナリー、キッチン、クリーニング、ビューティ&ヘルスケア、サイエンス、トラベル&バッグ、インテリア&D.I.Y.、バラエティ、セーフティ(防災・防犯グッズ)の9つのカテゴリーに分けられた合計72個の商品がバーチャル自販機に並べられた。一方、大阪駅ではバラエティ、ビューティ&ヘルスケア、トラベル&バッグ、ステーショナリーの4カテゴリー、合計32個の商品が並んだ …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧

EDITOR'S PICK キャンペーンの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する