広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

駅にあるOOHを活用したO2Oプロモーション

オリコム 吉田勝広(デジタルサイネージコンソーシアム理事)

JR名古屋駅で行なわれたO2Oプロモーションの利用者の実施手順。

名古屋駅の
100面サイネージが好調

JR名古屋駅に2014年10月に設置されたデジタルサイネージ「シリーズ・アド・ビジョン名古屋」が好調だ。広告の稼働率は6カ月平均で驚異の93.2%。100%稼動も2カ月間あり、サイネージの売上シェアは、前年の4.9%から22.5%に急拡大したそうだ。駅の広告出稿実績のない新規広告主も32社あり、従来の媒体からのシフトではなく、新たな広告需要を創出している点にも注目だ。

人気のポイントは、その圧倒的な数と設置環境だろう。JR品川駅の自由通路にあるサイネージと比較すると、数は44面に対して100面。設置距離は約70mに対して約175mと共に倍以上だ。現場に行って驚いたのは、この長いコンコースを多くの人が途中で横にそれないで通り抜けていることだ。人通りも多いので、全体が必ずしも見渡せるわけではないが …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

JIAAがネイティブアドのガイドライン策定 広告表記や広告主主体者の明示を促す
2015年秋に「ネットフリックス」日本上陸 日本のテレビ業界に与える影響とは
現実を巻き込む陣取りゲーム「Ingress」 地域活性で企業や自治体が注目
メーカーの営業員支援がプロモーションの重要テーマに
駅にあるOOHを活用したO2Oプロモーション(この記事です)
新聞各社の電子版PRの動きが加速 ユニークな動画コンテンツの作成が活況
4K8K推進の動きが加速 スカパー!で実用放送開始
「理論と実践」双方から探究を続ける日本マーケティング学会、2014年度の活動
4年連続の増収維持~2015年度テレビ営業収入見通し~
第3回「全広連日本宣伝賞」にセブン&アイ・鈴木会長、宣伝会議・東会長ら
コンテンツマーケティングのプラットフォームを誰がつくるのか
ゴールが追いかけてくるランニング・イベント 5月に日本上陸
広告主の重点広告課題から「今」を読み解く
日本語がない!?OOHによる訪日観光客向け広告が活況
利便性の高い「Nサイズ」拡充により新聞広告の活性化なるか
マーケティングの研究成果を学術誌やWebサイトを通じて発信
固定店舗に代わる販路となるか 移動式物販の台頭と可能性
サイバーテロと国家、注目される「表現の自由」の今後

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する