広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

面接官も同じ人間なのだと認識する

22歳女性

志望する会社の内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような就職活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2015年4月入社の内定を獲得した先輩がアドバイスします。

『伝える力』
池上彰 著 PHPビジネス新書

「結論は先に述べる」「自分が知っているすべてのことを他人が知る必要はない」「コミュニケーションの基本は単純明快であること」など、伝える極意を就活にそのまんま応用していました。

就職活動を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学3年生の夏に、広告会社とPR会社のインターンシップに参加したのが、就職活動の第一歩です。当時は広告と広報・PRの違いすらよく理解していませんでした。そのため様々な会社のインターンシップに参加し、各社の業務内容や、業界での役割を理解する必要があったんです。ただ、私は …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

面接官も同じ人間なのだと認識する(この記事です)
落ちたら「縁がなかった」と割り切る
あきらめなければ見つかる!
制作会社内定者が語る「好きなことなら頑張れる?」
自分の頭で考えることが、一番大切
制作会社の内定者に聞く「意識して『飾らない』」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する