広告マーケティングの専門メディア

広告の中の人

アルバイトからキャスター、そして、もう一度女優へ ホラン千秋の魅力に迫る

ホラン千秋

女優やタレント、キャスターとして、年々活躍の幅を広げるホラン千秋さん。アルバイト生活から転機となった米国への留学、2014年のブレイクに至るまで、困難を乗り越えてきた26歳の素顔に迫る。

ホラン千秋(ほらん・ちあき)
1988年東京都生まれ。13歳から芸能活動をスタートし、女優、キャスター、タレント、ラジオDJなど様々なジャンルで活躍中。
これまでに出演したCM:サントリー「金麦クリアラベル」、佐藤製薬「ユンケル 黄帝L」、玉川衛材「フィッティ」。

麻生陽子/ヘアー&メイク
菊池かおり/スタイリスト
ツィードトップス・スカートセットアップ/トランティアン ソンドゥモード

足立▶ 10代から芸能活動をされているんですよね。

ホラン▶ 中学1年生の時に今の事務所のオーディションに応募したので、今年で14年目になります。

足立▶ 応募したきっかけは何だったんですか。

ホラン▶ 5、6歳の時にキッズモデルをしてから、ずっと芸能界への憧れがあったんです。元々、市民ミュージカルをやっていたんですけど、「お芝居とか歌を本格的にやりたいな、でも自信ないな」と思っていた時に、「応募してみようよ」という母の声に押されて応募しました。

足立▶ 最初の頃はどんなお仕事を?

ホラン▶ 月刊の少女漫画誌の付録のモデルなどです。あとは、お芝居とかダンスのレッスンが多かったですね。

足立▶ 2014年からお仕事が一気に増えました。ブレイクの年でしたね。

ホラン▶ 2012年に『NEWS ZERO』でキャスターをやらせていただき、卒業してから …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告の中の人 の記事一覧

アルバイトからキャスター、そして、もう一度女優へ ホラン千秋の魅力に迫る(この記事です)
熱血スポーツ少女からモデルへ!西内まりやの素顔に迫る
松岡茉優が目指すのは演技で人を動かすこと
次世代を担う注目タレント 河北麻友子さんの素顔とは?
天真爛漫、でも真面目? 足立梨花の魅力に迫る
中村アンを開花させた「ありのまま」思考

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する