広告マーケティングの専門メディア

           

TOP INTERVIEW

Made in Japanで「タビオ」のブランド価値訴求

タビオ 代表取締役会長 越智直正

独自のオンラインショップ展開、ブログ配信で注目を集めるタビオ。「Made in Japan」の高品質ブランドを中心に据えて、女性向けのカフェのような店舗づくり、ファッション感度の高い都市に注力した海外展開など戦略的なマーケティングに取り組む。

タビオ 代表取締役会長 越智直正氏(おち・なおまさ)
15歳のときから13年間、大阪の靴下問屋で丁稚奉公をし、1968年に「ダンソックス」の商号で靴下卸売会社を起業。1977年に株式会社ダンを設立。1984年に靴下専門店「靴下屋」を開店。2000年に大阪証券取引所第2部に上場。2002年にはロンドンに海外1号店を開店。国内外で店舗の積極展開を進める。



(上、左下)2014年にオープンした、東京・代官山の新コンセプトショップ「KUTSUSHITAYA closet」。デジタルサイネージやiPadレジを導入し、若い女性をターゲットにトレンド商品を置く。
(右下)生産拠点をアジアに求める競合をよそに、あくまで「Made in Japan」を貫き続ける。

ファッション感度の高い海外都市で勝負する

販売員に人気ブロガーを擁し、SNSを活用した情報配信で話題となった店舗がある。タビオが運営する代官山の「KUTSUSHITAYA closet」だ。白木の什器を使い …

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

TOP INTERVIEW の記事一覧

Made in Japanで「タビオ」のブランド価値訴求(この記事です)
電通 石井社長「複雑化する広告主の課題に統合力とアイデアで応える」
ブリヂストン 津谷正明CEO兼会長が語る「真のグローバル企業になるための経営改革」
次世代企業IMJが志向するオウンドメディア戦略
お客様の価値を創る人事制度のイノベーション
クライアントとその先の顧客に豊かなデジタル体験を提供

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する