広告マーケティングの専門メディア

           

情報化時代の新・セグメンテーション ヒットのキーマンは聞き耳層!

次世代型テキストマイニング 顧客拡大のヒントを探る

上野昭彦(読売広告社)

情報摂取量が飛躍的に高まった現在の環境下で、感度が高く、情報を社会に循環させる担い手として「聞き耳層」の動向が注目されている。この連載では、実際の調査データを交えながら、聞き耳層を使ったブランド診断や共創型の商品開発、情報循環への取り組みを紹介していく。

    聞き耳層とは

    生活者を情報感度の高い順から「はや耳」「聞き耳」「むれ耳」「そら耳」「とお耳」と分類したとき、2番目に情報感度が高く、他者に情報を広げる習性を持つ。

図1 泡タイプのヘアカラー(白髪染め)市場が抱える課題
キキミミパネルは、読売広告社とマイボイスコムが共同運営している調査パネル。

発言量が多く具体的な聞き耳層の声を活かす

これまで、情報流通量が多く商品の入れ替えサイクルが速い現代社会のキーマンとも言える高感度生活者「聞き耳層」の特徴について様々な形で紹介してきた。今回は、発言量そのものが多く、具体的に語る聞き耳層の自由回答(フリーアンサー)を活用して課題解決のヒントを探索した事例を紹介していきたい。

また、本稿の分析にあたっては、マイボイスコム社の分析ツール「テキストボイス」を使用した。テキストボイスには …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

情報化時代の新・セグメンテーション ヒットのキーマンは聞き耳層! の記事一覧

次世代型テキストマイニング 顧客拡大のヒントを探る(この記事です)
「聞き耳層」と取り組む共創マーケティング
ロングセラーを育成する真のロイヤルカスタマーを探せ
ヒットを的中させるのは「目利き」か「聞き耳」か?
聞き耳層に効く店頭プロモーション
聞き耳層が支持する「ちょっと先」の人気タレントは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する