広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

ネットでのつながり、大事な反面「わずらわしさ」も

ベネッセ教育総合研究所

高校生の社会情報入手経路はテレビが最も多かったものの、Twitterが2位に。社会情報もSNS経由で入手する傾向にあるようだ。中高生共に平均で6割以上がコミュニケーションのためにネットを利用。メールが来たらすぐ返信する中高生も6割以上。一方、高校生の2人に1人が …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

ネットでのつながり、大事な反面「わずらわしさ」も(この記事です)
2014年最も注目を集めた都道府県は?
スマホの普及によって最も影響を受けた媒体とは?
テーマ別の情報源選択 教育・育児口コミ重視
高サービス受けて当然 日本人サービスへの意識
消費者の記憶に残る企業メッセージとは
読書離れは進んだのか? 月に1冊本を読む人は45%
高額商品は店舗で実物確認 ネット通販で割安購入
通勤・通学時の時間、動画を楽しむ人が増加中
Appleが不動の2冠 グローバルブランド企業ランキング
SNSの購買への影響力は?デジタルメディア利用実態調査
メディアの利用時間と情報行動に関する調査から見えるメディアの利用実態
Webサイト価値ランキング発表 ANAが2年連続1位

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する