広告マーケティングの専門メディア

           

ヘルスケア市場のマーケティング

ウェアラブルデバイスとIoTが拓く ヘルスケアマーケットの未来予想

電通 森 直樹

毎年、1月に米国・ラスベガスで開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)は、世界最大規模の家電ショーだ。近年ウェアラブルデバイスを中心に、フィットネスやヘルスケア関連の最新トレンド発信の場としても注目されている。

CES2015で最も注目のテーマがIoT。中でも特に製品化が進んでいるのがヘルスケア・フィットネス領域だ。写真はCES2015で、様々な生体センサーIoT端末を展開していたiHealthのブース。

ヘルスケア・フィットネスと最新テクノロジーの融合

近年、日本でも「IoT」というワードをよく耳にするようになった。IoTとは、「Internet of Things」の略で、「モノのインターネット化」と訳されている。テクノロジーの進化によって、家電、自動車、時計、鍵、コンセント、電球…と、それこそありとあらゆるモノ(Things)がネットに接続された状態のことを指す。筆者が今年、参加したCES2015においても、最大のテーマはIoTであった。

そして …

あと76%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ヘルスケア市場のマーケティング の記事一覧

同士が集うコミュニケティ形成がカギ モノ+コトの提供でスポーツ人口増やす
知っておくべき健康・美容関連の規制と広告表現の注意点
ウェアラブルデバイスとIoTが拓く ヘルスケアマーケットの未来予想(この記事です)
身近にあるからこそ提供できる価値 「健康」を軸にしたコンビニの新しい事業モデル
「機能性食品」に着目 健康をテーマに地域活性化
美容に長寿…消費者に響く! 「エビデンス・マーケティング」を考える
ハードウェア×コミュニケーションの知見で 健康であり続ける仕組みを提供する
なぜ今、ヘルスケアマーケットに注目が集まるのか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する