広告マーケティングの専門メディア

           

ヘルスケア市場のマーケティング

身近にあるからこそ提供できる価値 「健康」を軸にしたコンビニの新しい事業モデル

ローソン

2013年10月、「マチの健康ステーション」宣言をし、健康を軸に新しいコンビニの事業モデル開拓に取り組むローソン。全国に1万店舗以上、身近にあるコンビニだからこそできる事業開拓の方向性とは。

既に健康的なイメージを持たれている「ナチュラルローソン」の存在が、ローソン全体の健康への取り組みの基盤になっている。



ローソンが考える「マチの健康ステーション」構想の全体像(同社サイトより)。

コンビニと健康を結ぶ新たな事業モデル

2013年10月、中期事業戦略発表を行い、従来の「マチのほっとステーション」から「マチの健康ステーション」として、地域での健康一番店を目指すと発表したローソン。大きくは「ミールソリューション」と「セルフメディケーションサポート」の二軸で、新しいコンビニの事業モデル開拓に取り組んできた。ローソンが考える健康の領域は、主に予防が中心。疾病の原因になる生活習慣病、その生活習慣病への対応として「食事」と「運動」の部分に注力し、商品開発や取り組みを進めている。

ローソン マーケティング統括本部 客層拡大企画部 鈴木一十三部長は「健康志向の高まりで …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ヘルスケア市場のマーケティング の記事一覧

同士が集うコミュニケティ形成がカギ モノ+コトの提供でスポーツ人口増やす
知っておくべき健康・美容関連の規制と広告表現の注意点
ウェアラブルデバイスとIoTが拓く ヘルスケアマーケットの未来予想
身近にあるからこそ提供できる価値 「健康」を軸にしたコンビニの新しい事業モデル(この記事です)
「機能性食品」に着目 健康をテーマに地域活性化
美容に長寿…消費者に響く! 「エビデンス・マーケティング」を考える
ハードウェア×コミュニケーションの知見で 健康であり続ける仕組みを提供する
なぜ今、ヘルスケアマーケットに注目が集まるのか?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する