広告マーケティングの専門メディア

           

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業

3万超えの“いいね!”を獲得 「AQUA SOCIAL FES!!」の共成長マーケティング

トヨタマーケティングジャパン

2011年に発売された「AQUA」は、「10年先を見据えたコンパクトカー」がコンセプトのトヨタ初のコンパクトハイブリット車だ。発売と当時に展開されたコンセプトを体現するプロモーション「AQUA SOCIAL FES!!」は、若者を中心に巻き込み、3年経った今でも日本中でムーブメントを起こしている。

企業・社会・個人が“いいね!” 地域密着の社会貢献活動

「AQUA SOCIAL FES!!(ASF)」は、「AQUA」の名前にちなんで「水」をテーマにした、一般参加型の環境保全プログラムだ。社会貢献活動でありながら、活動の費用はプロモーション予算から捻出されている。「AQUA」発売時、通常の新車発売時と同様にテレビCMや新聞広告をはじめとするマス広告が展開された一方で、「AQUA」のコンセプトを体現するため、これまでのマーケティングの概念の打ち破るプランとして練られ、2012年からスタートした。

日本全国47都道府県50カ所で展開される同キャンペーンの基本理念となる考え方が「共成長マーケティング」。キャンペーンを行う側と、受け手側という従来の図式ではなく、企業・社会・個人の三者がWin-Win-Winになるような関係性の構築を目指した。一般的なCSRとしての社会貢献活動ではなく、本当に地域が求めている活動をするため、トヨタマーケティングジャパンと、地方紙やブロック紙などの新聞社、地域に根差すNPOとが連携。それぞれが全く異なる課題の解決を目指し、海岸や川辺の清掃活動、カヌー体験、植樹など、多彩な活動が行われてきた。自動車のプロモーションでありながら、AQUAの購入はもちろん、試乗しなくても参加できる同活動は、社会にどのような価値をもたらしたのか。

「通常の自動車の購買層とは異なる、若者の参加率の高さに驚いた」と語るのは …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業 の記事一覧

ソーシャル・プロダクト・マーケティングで社会に新たな価値を創造
「ほしい」だけでは動かない消費者を動かすには?
オバマ大統領も賛同!アメックスが仕掛ける社会的ムーブメント
2015年、ソーシャルグッド×マーケティングのトレンドを読む
世界の先進企業が導入する CSV推進のためのフレームワーク
事業成長×社会貢献 2020年に向けたユニリーバの挑戦
3万超えの“いいね!”を獲得 「AQUA SOCIAL FES!!」の共成長マーケティング(この記事です)
店頭コミュニケーションで循環 CSVで新たな価値をクリエイト
社会課題にビジネスとして取り組む 新しいソーシャルグッドの時代へ
CSVを体現する主力商品を通じて復興を支援
「CSV本部」を設立 キリンが全社を挙げて推進する経営戦略
新しい企業の競争戦略 社会を巻き込むCSVのポテンシャル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する