広告マーケティングの専門メディア

           

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業

店頭コミュニケーションで循環 CSVで新たな価値をクリエイト

ファーストリテイリング

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」をステートメントとして掲げるファーストリテイリンググループ。目指すのは、本業である服の事業を通じて、世界中の人々の生活をより豊かにすることだ。グローバルな社会課題に挑む同グループの取り組みについて聞いた。

店頭における「全商品リサイクル活動」ポスター。リサイクルの流れが分かりやすく解説されている。同グループの企業姿勢を体現するCSVの取り組みの一つだ。

ビジネスを通じて社会課題の解決を目指す

「企業に求められていることは、必ずしも利益の最大化だけではなくなっているように感じます。それは、社会の流れであり、企業自身の気づきでもあります。企業の存在意義に立ち返れば、本来は社会に歓迎されるような存在でなければ生き残れません。特に、近年の時代的背景やマーケティングの流れでは、そうした動きが強まっていると感じています」。社会や市場、消費者の意識の変化について、ファーストリテイリングのグループ執行役員でCSRを担当する新田幸弘氏は言う。

企業には、これまで以上に社会の課題をイノベーティブかつクリエイティブに解決する商品やサービスをクリエイトすることが求められる時代になったが、同グループでは社会貢献活動を重要なテーマとして捉え、いち早く取り組んできた経緯がある。2001年に設けられた「社会貢献室」は2004年に「CSR部」へと発展し、経営と一体化した判断を実現するために、すべての上席執行役員が出席するCSR委員会も設置している。海外の各拠点にもCSR担当を置き、グループ・グローバル推進体制を構築した。

事業を通じて自社利益と社会的利益の追求を目指す同グループが重視するのは …

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業 の記事一覧

ソーシャル・プロダクト・マーケティングで社会に新たな価値を創造
「ほしい」だけでは動かない消費者を動かすには?
オバマ大統領も賛同!アメックスが仕掛ける社会的ムーブメント
2015年、ソーシャルグッド×マーケティングのトレンドを読む
世界の先進企業が導入する CSV推進のためのフレームワーク
事業成長×社会貢献 2020年に向けたユニリーバの挑戦
3万超えの“いいね!”を獲得 「AQUA SOCIAL FES!!」の共成長マーケティング
店頭コミュニケーションで循環 CSVで新たな価値をクリエイト(この記事です)
社会課題にビジネスとして取り組む 新しいソーシャルグッドの時代へ
CSVを体現する主力商品を通じて復興を支援
「CSV本部」を設立 キリンが全社を挙げて推進する経営戦略
新しい企業の競争戦略 社会を巻き込むCSVのポテンシャル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する