広告マーケティングの専門メディア

           

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業

オバマ大統領も賛同!アメックスが仕掛ける社会的ムーブメント

アメリカン・エキスプレス

1980年代から、グローバルで独自のCSVを実践し、支持を広げてきたアメリカン・エキスプレス。ソーシャルメディアを活用し、カード会員や消費者の参加意識を高める近年の取り組みは、大きな成果を上げているという。

毎年恒例となった「スモールビジネスサタデー」は、いまや社会的なムーブメントに発展している。2012年のカンヌライオンズではプロモ&アクティベーションとダイレクトの2部門でグランプリを獲得。

参加型キャンペーンにより社会を巻き込む

アメリカン・エキスプレスは、CSV活動を世界に先駆けて行ってきた。同社は1954年に財団を設立し、毎年年間2800万ドルの予算を組んでいる。「多様な文化遺産の保護・修復」「明日のリーダー育成」「地域社会への貢献」の3つをテーマに据え、NPOをはじめとする外部パートナーと協力して、様々な社会課題の解決に取り組んでいる。

1983年に米国で行った「自由の女神修復プロジェクト」は、コーズマーケティングとして成功を収めた事例だ。

自社、カード会員、パートナー、社会を巻き込み、それぞれにメリットを訴求し、カード会員がカードを通じて消費活動を行うことで社会貢献ができる仕組みをつくった。同社 副社長 広報 日本/アジア・太平洋地区担当のエディ 操氏は、「当社は元々、ニューヨークで創業した会社であり、マンハッタンとも結びつきが強いという理由から、自由の女神修復プロジェクトを立ち上げました。当時、新しいカードの発行1枚につき1ドル、カード会員が米国内で1度カードを使うごとに1セントを寄付するというキャンペーンを実施しました」と話す。

自由の女神の修復は米国人にとって …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業 の記事一覧

ソーシャル・プロダクト・マーケティングで社会に新たな価値を創造
「ほしい」だけでは動かない消費者を動かすには?
オバマ大統領も賛同!アメックスが仕掛ける社会的ムーブメント(この記事です)
2015年、ソーシャルグッド×マーケティングのトレンドを読む
世界の先進企業が導入する CSV推進のためのフレームワーク
事業成長×社会貢献 2020年に向けたユニリーバの挑戦
3万超えの“いいね!”を獲得 「AQUA SOCIAL FES!!」の共成長マーケティング
店頭コミュニケーションで循環 CSVで新たな価値をクリエイト
社会課題にビジネスとして取り組む 新しいソーシャルグッドの時代へ
CSVを体現する主力商品を通じて復興を支援
「CSV本部」を設立 キリンが全社を挙げて推進する経営戦略
新しい企業の競争戦略 社会を巻き込むCSVのポテンシャル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する