広告マーケティングの専門メディア

           

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業

CSVを体現する主力商品を通じて復興を支援

キリン

経営戦略に掲げるCSVとして、キリンでは実際にどのような取り組みを行っているのか。同社のCSVの象徴として注目されるのが、いまだ厳しい状況に直面している福島県の農産物の社会課題の解決を応援する、「キリン 氷結 和梨」の取り組みだ。

被災地の人々と一緒に復興に取り組みたいという想いから、「絆を育む」をテーマに、被災地の人々の“地域社会の絆”や“家族の絆”を一層深められることを目指している。

復興支援への取り組みCSRとCSVのアプローチ

2011年7月に発足した「復興応援 キリン絆プロジェクト」は、キリングループ各社が一体となって取り組む東日本大震災の復興支援プロジェクトだ。地域社会と共同で継続的に課題解決に取り組むため、2014年までの3年間で約60億円を拠出。「地域食文化・食産業の復興支援」「子どもの笑顔づくり支援」「心と体の元気サポート」の3つの幹を掲げ、持続的な復興につながることを目指している。

3つのテーマを基にした活動は多岐にわたる。農業・水産業の復興支援では、それぞれ2012年までに「東北『復耕』サポート」として …

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

CSVでソーシャルグッド 社会と共に成長する企業 の記事一覧

ソーシャル・プロダクト・マーケティングで社会に新たな価値を創造
「ほしい」だけでは動かない消費者を動かすには?
オバマ大統領も賛同!アメックスが仕掛ける社会的ムーブメント
2015年、ソーシャルグッド×マーケティングのトレンドを読む
世界の先進企業が導入する CSV推進のためのフレームワーク
事業成長×社会貢献 2020年に向けたユニリーバの挑戦
3万超えの“いいね!”を獲得 「AQUA SOCIAL FES!!」の共成長マーケティング
店頭コミュニケーションで循環 CSVで新たな価値をクリエイト
社会課題にビジネスとして取り組む 新しいソーシャルグッドの時代へ
CSVを体現する主力商品を通じて復興を支援(この記事です)
「CSV本部」を設立 キリンが全社を挙げて推進する経営戦略
新しい企業の競争戦略 社会を巻き込むCSVのポテンシャル

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する