広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

スーパーボウル 2015年予習篇

毎年2月に開催されるアメリカンフットボールリーグ・NFLの優勝決定戦「スーパーボウル」は、スポーツ界のみならず、広告・メディア界にとっても、1年間で最も注目度の高いイベントだ。ここでは「予習篇」として、米アドエイジ誌の記事を参考に、来る2015年2月1日に開催される第49回大会において注目したい広告主をピックアップする。

カーニバル社Webサイトで公開されている動画は「Message in a bottle」「Cruise virgin」「Gateway」「Mystery spot」の4つ。ユーザー投票の結果、得票数が多かったものを、試合当日の番組放送枠でオンエアする予定。

世界最大のクルーズ会社が初出稿
オンエアするCMを選ぶユーザー投票を実施中

カーニバル

カリブ海を中心に、富裕層のみならず若者やファミリー層など幅広い客層に向けてクルーズ旅行を提供しているカーニバル社は、今回初めてスーパーボウルへの出稿を決めた。購入したのは、60秒の放送枠。年間1000万人もの人々が参加し、リピーターも多い同社のクルーズの魅力を伝え、まだ船旅をしたことがない人にも興味を持ってもらうことを目的としている。

同社Webサイトでは現在、4つの動画を公開している。「Message in a bottle」は、クルージングで体験できる特別な瞬間の数々を切り取り、「Cruise virgin」では老若男女が自身の初航海の思い出を語り、「Gateway」では日常の喧騒を離れることができる船旅の魅力を訴求し、「Mystery spot」では海という特別な存在にスポットを当てている。この4つの中からスーパーボウルでオンエアするCMを決めるユーザー投票を実施しており、得票数が最も多かったものを、2月1日の試合中継の放送枠で放映する。投票した人の中から抽選で、豪華クルーズ旅行が当たるキャンペーンも並行して行われている。

カーニバル社は、プリンセス・クルーズや …

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

スーパーボウル 2015年予習篇(この記事です)
広告界も賑わうクリスマス商戦
インパクト大!個性豊かな動画コンテンツ
中小広告会社のクリエイティブ力
子どもから大人までBtoB広告のリーチ力
W杯を広告で振り返る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する