広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

宣伝会議賞で広告界への道を切り拓いたコピーライターたち

電通 山田尚武・博報堂 吉澤到

1962年の創設以来、「コピーライターの登竜門」として、若手のコピーライターやクリエイターにチャンスの場を提供してきた宣伝会議賞。挑戦者たちは、宣伝会議賞に挑戦することで、どのように広告界への道を切り拓いてきたのか。

やっとの思いで内定をいただいた、ある広告会社は、クリエイティブ枠ではなく一般枠採用だった。その後、内定していたコピーライターが、他社に流れたという噂が立った。すぐに人事にクリエイティブへの異動を願い出た。聞けば内定者20人のうち、10人以上がすでにクリエイティブを希望しているとのことだ。枠はたったの一人。それから修験者のような日々が始まった。クリエイティブのボスのもとへ自主企画を持ち込んだ。迷惑がられて、別のコピーライターの先輩へたらい回しになった。会っていただいた先輩は熱心な人だった。毎日のように課題を出していただいた。数百本書いても、ダメ出しばかりだった。夜は酒を呑みながら、朝方までありがたい説教をしていただいた。家に帰るとまたコピーを山のように書いた。翌日はまた全ボツの告知を受けた。「おまえ、根性だけはあるんだけどなあ」。内定から約半年間、いかに自分がコピーライターに向いていないかを思い知らされるばかりの日々だった。そして敗北感で迎えた運命の配属発表の日。僕の席は …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

宣伝会議賞で広告界への道を切り拓いたコピーライターたち(この記事です)
「宣伝会議賞」チャレンジブログの結果は?
過去最高! 宣伝会議賞の応募総数発表!
協賛企業41社からの誌面オリエンテーション(3)
協賛企業41社からの誌面オリエンテーション(2)
協賛企業41社からの誌面オリエンテーション(1)
今年もやります! チャレンジブログ企画/学生限定チャレンジ企画
JR東日本が積極活用!受賞コピーはこうして実際の広告に
宣伝会議賞を闘った“ブロガー”たちに聞く取り組みのポイント
第52回 宣伝会議賞 課題発表
宣伝会議賞 特別座談会 グランプリはこう狙え!

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する