広告マーケティングの専門メディア

Pick Up!(PR)

米国ストックフォト界の革命児 シャッターストックが日本“本格上陸”

シャッターストック

ニューヨークに本社を置く「Shutterstock」(シャッターストック)は、デジタル画像や映像素材ライセンスの提供を行い、その利用者は世界150カ国100万人におよぶ。そんな大型ストックフォトサービスがこのたびサイトリニューアルを行い、大幅にUXを向上させたという。

シャッターストック日本サイト(上)、言葉×色で検索できる「シャッターストックスペクトラム」(右)

定額制を先駆けて導入 素材はすべてロイヤリティフリー

企業が自らオウンドメディアやソーシャルメディアでコンテンツ発信する時代となり、写真や動画などのビジュアル素材を効率よく手に入れたいというニーズが高まっている。ぱっと目を引き、伝えたいイメージに合致し、制作物全体のクオリティを上げてくれる─そんな素材がストックフォトですぐに手に入ればいいが、実際には「ぴったりのビジュアルがなかなか見つからない」「選んでから購入までのプロセスが面倒」「権利関係の処理が分かりづらい」など不便な思いをした人も多いのではないか。

シャッターストックは2003年にニューヨークで設立され、「ストックフォト業界の革命児」として急成長を遂げてきたサービスである。その理由は、「使いやすさ」「クオリティ」「ボリューム」の3つ。例えば、「1カ月定額制」の料金体系は、今では珍しくなくなったが、元々は同社が始めたものだ。「毎日25点までダウンロードできて月額3万2000円」から始まり、3カ月、半年、1年など複数のプランが用意されている。また、すべての写真はロイヤリティフリー素材でクレジット表記が必要なく、加工も自由。そこも使い勝手の良さにつながっている。

現在同社は約4600万点(2014年12月現在)の写真やベクター画像、動画素材を持ち、毎日約4万点が新たに追加される。ただし、数と質を同時に追求するという考えから、審査は非常に厳しい。世界中のフォトグラファーから寄せられた写真を世界各国のレビュアーが毎日審査する。写真はすべて100%引き伸ばして、隅々までピントが合っているか、問題のある映りこみがないか、細かくチェックする。そのため、「最終的な通過率は約20%。業界で一番厳しい」(シャッターストックアジアパシフィック地域 マーケティングディレクター 金島 強氏)という。

ユーザビリティを大幅向上

このたび、同社では日本語での検索機能などのUXを大幅に上昇させた。「実は当社は社員の40%がエンジニアというテクノロジー企業でもある。少ないキーワードでたどり着くための改良、翻訳の精査を日々重ねています。また、年に1回『ハッカソンデイ』を実施し、社内のエンジニアたちが24時間以内に新サービスを開発・発表しています」(金島氏)。ここから生まれたユニークな検索サービスが“言葉×色”で検索できる「シャッターストック スペクトラム」だ。「森」などのキーワードを打ち込み、サイト上部に設けられたカラーパラメーターをスライドすると、様々な色味の森の写真が次々と表れるというものだ。

現在では、増大するニーズに合わせて、動画素材に特に力を入れる。既に10万点を超える4K動画素材を持ち、今後も拡充していくという。

URL : http://www.shutterstock.com

Pick Up!(PR) の記事一覧

米国ストックフォト界の革命児 シャッターストックが日本“本格上陸”(この記事です)
Behaviorを基にしたマーケティング
2015年はインターネット“的”動画運用のフェーズへ
動画の普及が後押しする“プレゼン革命”
情報を「見せる」から「魅せる」へ オウンドメディアは次のステージへ
豊かさ、便利さに代わる「美しさ」という新しい価値
企業はコーズマーケティングにいかに取り組むべきか
多用なデータの統合で実現 より精度の高いDMP
顧客エンゲージメントの強化とより良い顧客体験の提供
CMOの役割とデータ活用を考えるセミナーレポート
売れる仕組みをつくる「レスポンスマスター」の役割とは?
最適な広告出稿プランニングと効果測定を学ぶセミナー開催
「個」のアクティベートが社会を牽引する時代へ コミュニケーションの視点から描く日本の未来
高精度レコメンデーションでユーザーと企業をマッチング
循環型モデルで読み解く メディア化する消費者
制作から印刷、配達までWebで完結 宛名なしでも年賀はがきDMが届く

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する