広告マーケティングの専門メディア

デジタル時代のマーケターたちの2015年のビジョン

グライダーアソシエイツ×電通ブルー×バスキュール「デジタルメディアはどこへ行く?」

グライダーアソシエイツ 代表取締役社長 杉本哲哉 × 電通ブルー 代表取締役社長 吉羽一高 × バスキュール 代表取締役社長 朴 正義

デジタルマーケティングという言葉では捉えきれないイノベーションが次々に生まれる中、企業と生活者のコミュニケーションが向かう先とは。時代を牽引するイノベーターたちに、現在のメディアやコンテンツ、そして2015年のビジョンについてそれぞれの立場から語ってもらった。

左から、電通ブルー 吉羽一高社長、グライダーアソシエイツ 杉本哲哉社長、バスキュール 朴 正義社長。

ユーザーの変化に伴い変革を求められるメディア

吉羽▶ 電通の子会社である電通ブルーの代表を務めています。2014年10月にスタートしたばかりの会社で、事業領域は定めていません。例えば最近、「246」というスマートロックを作りましたが、鍵を売るだけではなく、鍵というものに関連して起こる問題をどうするかについて考えることが事業の軸になります。新しいことを考え、自らプロダクトを作ることでイノベーションを起こすことを目的にしています。

杉本▶ 2000年にインターネットリサーチ事業を行うマクロミルを立ち上げ、現在はスマートフォン向けのキュレーションメディア「アンテナ」を運営するグライダーアソシエイツも経営しています。スマホの時代になり、これまで以上にネットへビジネスがシフトしていく中で、既存のメディアが持つ優良なコンテンツをスマホから生活者へ発信できないかと考え、「アンテナ」を始めました。現在、ユーザーは約400万人います。

朴▶ 2000年に、インタラクティブコンテンツの企画開発をするバスキュールを創業しました。元々はPCブラウザに特化した仕事が主でしたが、現在はあらゆるデバイス、特にスマホをどのように使えば面白いことができるかという仕事が増えてきています。数年前からテレビでメディアとソーシャルを絡ませる仕事を始めていて、ここ2、3年で、100回以上のネット連動番組に携わりました。

電通ブルーが手がけるスマートロック「246(ニーヨンロック)」。コンセプトモデルの「246 Padlock」。



様々なメディアのコンテンツをキュレーションし、生活者に届けるAntenna[アンテナ]。2014年12月現在、400万人が利用している。



みんなのツイートが集まると、プレゼントの入った箱の鍵が開くTwitter Japanとのコラボイベント、#クリスマスボックス。

―現在のメディア環境や状況を、どのように捉えていますか。

杉本▶ iTunesのようなマーケットプレイスやYouTubeなどのメディアの登場で、大資本の背景を必要としない小さな経済がたくさん生まれる時代に変わりました。これは事業構造の大きな転換で …

あと79%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

デジタル時代のマーケターたちの2015年のビジョン の記事一覧

最も大切な顧客に向けたエンゲージメントとカスタマイズ
リコージャパン「社内連携で効率的な顧客獲得推進」/ワコール「コンテンツ配信力を強化」
ファミリーマート「ビッグデータ活用による個別最適化」/フェリシモ「顧客体験全体の向上を図る」
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング「Eコマース売上の最大化を目指す」/リクルート住まいカンパニー「新しいカスタマー価値を創造」
はなまる「店頭POPなどの店頭訴求に注力」/パルコ「接客のオムニチャネル化目指す」
三菱電機「グローバル化とデジタル機能の強化」/やずや「『これからの豊かさ』を訴求」
ハーゲンダッツ ジャパン「ブランド価値の訴求目指す」/パナソニック アプライアンス社「感激するユーザーエクスペリエンスを」
富士フイルム「ブランドロイヤリティとLTVの向上」/Master Card「『マス』から『個』へのシフト」
日産自動車「グローバル戦略とガバナンス強化」/日本航空「パートナーにはクライアント愛に期待」
中部国際空港「オウンドメディアを活用した展開」/東急ハンズ「スマートフォンアプリの機能強化」
タビオ「最適なオムニチャネルを強化」/タワーレコード「CRMのPDCAサイクルを強化」
スタートトゥデイ「サービスデザインで顧客満足度向上」/ダイキン工業「Webサイトでの情報発信力の強化」
ユーザー理解で実現 リクルートマーケティングパートナーズのユーザーエクスペリエンス向上術
サッポロビール「共創マーケティングの実現目指す」/シャープ「『商品』だけでなく『体験』で訴求」
「らしさ」が伝わるコンテンツで第一想起してもらう企業を目指すライフネット生命保険
ギャップジャパン「デジタルの企画力を強化」/コクヨ「動画コンテンツのアクセス数向上」
企業が持つ情報をコンテンツ化 ライオンのオウンドメディア活性化術
オリックス生命保険「価値を創造し生涯のパートナーに」/キタムラ「アウトバウンド施策を強化」
森永製菓が仕掛ける動画によるユーザーとの共創マーケティング
アサヒビール「個々のニーズに応じて共感を醸成」/ウエディングパーク「アドテクノロジー専門部署設立」
「個」客マーケティングをスマートフォンで実現するJR東日本
グライダーアソシエイツ×電通ブルー×バスキュール「デジタルメディアはどこへ行く?」(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する