広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

データを基に分析 普及、流行は予測できる?

川場秀明(慶應義塾大学)

社会はなぜ左と右にわかれるのか
─対立を超えるための道徳心理学

ジョナサン・ハイト著

お薦めの1冊は、『社会はなぜ左と右にわかれるのか』。「人間の心の無意識の情動が象、意識された理性が象の乗り手にたとえられている。このような枠組みで人々の考え方や行動様式を分析することは、消費者行動を研究する上でも参考になる」と話した。

異領域の研究者と積極的に共同研究

メディア環境が多様化したことで、情報拡散の流れが複雑化している…。では、具体的にどのような拡散の経路をたどるのか。コンピュータ・シュミレーションの一種である「エージェントベース・モデリング」を活用し …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

データを基に分析 普及、流行は予測できる?(この記事です)
心理学を応用した広告・マーケティングの可能性
小売企業の競争力を高めるID-POSデータの活用可能性
オンラインとオフライン、重なりあう世界から生まれる価値
立正大学研究室訪問「目指すは実務に活かす普及モデルの構築」
「創造的生活者」は企業・経済にどう影響するか

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する