広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

NHK、放送法改正でネット同時配信の試行へ

明石庸司

改正放送法で業務拡大

NHKのネット業務の範囲が、2015年度から大幅に拡大される見通しとなった。2014年11月25日に総務省に認可申請、公表されたインターネット事業計画案では、年間5件程度のスポーツイベントの競技中継番組を試験的にネット同時送信することなどが盛り込まれた。2016年のリオデジャネイロオリンピックなどで競技中継の同時再送信が見込まれる。一方、民放からはNHKのネット業務の拡大に懸念の声が上がったことから、計画の一部修正など、一定の配慮も行われている。

NHKのネット業務はこれまで、配信は放送済みの番組(既放送番組)に限定するなど、業務範囲が放送法で定められていた。これを超える業務については「特認業務」として、その都度、総務大臣に認可申請を行う必要があった。

2014年6月に成立した放送法改正で、NHKがネット業務で提供できる内容が拡大。拡大にあたり、NHKは自らネット業務の目的や形態などをまとめた実施基準を定め、総務大臣の認可を得ることが義務付けられた。

放送法改正により、番組のネット配信が …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

2014年11~12月広告界主要ニュース
スポーツ産業に厚みが生まれる スポーツイベント開催
セルフ・パブリッシング デジタル古書の再発見とクリエイティブ
寡占化が進む小売業 必要とされる戦略的プロモーション
自分へのご褒美消費は、OOH訴求が効果的?
新聞社と出版社がタッグほか新聞各社の動向
NHK、放送法改正でネット同時配信の試行へ(この記事です)
マーケティング戦略論の過去・現在・未来 レポート
アナログ訴求が逆に新鮮?OOHの展開事例
新聞各社の新技術導入の試みとは
字幕CM協議会の発足 本格運用へ
世界のリーダーが考えるマーケティングの未来とは
カンヌライオンズ部門新設や各賞決定ほか
非中央集権化コミュニケーションとマーケティングの関係
社会における位置づけとして表彰制度を考える
JPMプロモーショナルマーケター認証資格試験とは
21世紀のコンテンツクラスタ:コンテンツイノベーションプログラムとは?
仁川アジア競技大会の現実から学ぶべきこと

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する