広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

制作会社内定者が語る「好きなことなら頑張れる?」

24歳男性

志望する会社から内定を勝ち取れるのは、広告界志望者の中でも一握りの人だけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような就職活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2015年4月入社の内定を獲得した先輩がアドバイスします。

近所のデパートの屋上は、頭をからっぽにするのにちょうどいい空間。そこは都会の喧騒が届かない秘密の場所です。一階のカフェ店員さんがすごくかわいいので、ときどき寄り道します。

就職活動を具体的に意識し、活動し始めたのはいつごろですか?

大学3年生の春からインターンシップに参加するなどの活動を始めました。広告界への就職を目指していましたが、第一志望だった広告会社に落ちてしまった時に挫折して就職をあきらめました。その後、就職活動からいったん離れ、大学の研究に没頭しましたが、広告界への未練を捨てきれずコピーライター養成講座に通い始めました。アルバイトの時間以外は広告コピーのことしか考えていませんでしたね。それから、大学5年目の12月から再度、就職活動を始めています。

2回目の就職活動ではコピーライター以外の選択肢を考えていなかったのですが …

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

制作会社内定者が語る「好きなことなら頑張れる?」(この記事です)
自分の頭で考えることが、一番大切
制作会社の内定者に聞く「意識して『飾らない』」
制作会社の内定者に聞く「自分が一番納得してから活動」
内定のコツ「面接官が喜ぶことを考える!」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する