広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

通勤・通学時の時間、動画を楽しむ人が増加中

電通総研

高速通信網の普及でスマートフォンでも手軽に動画が楽しめるようになり、通勤や通学時の電車やバスの中で約50%もの人が動画を見るようになった。「毎日動画を見る」人は、若年層を中心に約20%にも上り、よく見られているジャンルコンテンツは、アニメ、ドラマ、お笑いといったテレビで人気のコンテンツだった。電車やバスで移動する時間を活用して自宅で見ていた動画の続きを見るなど、暇つぶしで見る人が全体的に最も多かった。特に若い女性は、電車内の混雑や騒音のストレスから解放されたいために、イヤホンをつけて動画を見ることで自分の世界を作り周囲を遮断している人が多いことが分かる。

あと41%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

読書離れは進んだのか? 月に1冊本を読む人は45%
高額商品は店舗で実物確認 ネット通販で割安購入
通勤・通学時の時間、動画を楽しむ人が増加中(この記事です)
Appleが不動の2冠 グローバルブランド企業ランキング
SNSの購買への影響力は?デジタルメディア利用実態調査
メディアの利用時間と情報行動に関する調査から見えるメディアの利用実態
Webサイト価値ランキング発表 ANAが2年連続1位
着々と進む企業のオムニチャネル戦略
ネット通販利用経験者90%超え
雑誌広告の広告効果とは?
動画を活用したPRに期待されること
企業のソーシャルメディア活用、その広告効果は?
「動画を見て購入」4人に1人

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する