広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

心理学を応用した広告・マーケティングの可能性

川畑秀明

思考のトラップ。
─脳があなたをダマす48のやり方

デイヴィッド・マクレイニー/著 安原和見/訳

川畑准教授のお薦めの1冊は『思考のトラップ。─脳があなたをダマす48のやり方』(二見書房刊)。大学のゼミのテキストとしても使用している。「一般向けに、しかも学者ではなくて、サイエンスライターが書いているもので、分かりやすく、読みやすい」と話す。

消費者にとって価値があるという示唆性

広告・マーケティング界とも親和性の高い心理学。欧米でも、心理学の知見を活かそうという動きがあり、広告の表現方法やパッケージのデザインで、どう消費者行動が変化するのかを研究している企業も少なくない。

慶應義塾大学の川畑秀明准教授は、主にアートに触れた時に「美しい」と感じる脳の働きの研究をしている。現在は心理学から応用して、広告の表現としても使われる擬音語・擬態語、オノマトペなどの言葉が、どう印象形成していくのか、また商品のパッケージデザインによる脳の働きや、さらに「飽き」「慣れ」についても研究をしているという。

「何に美しさを感じるかは人によって、千差万別ではあるが …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

心理学を応用した広告・マーケティングの可能性(この記事です)
小売企業の競争力を高めるID-POSデータの活用可能性
オンラインとオフライン、重なりあう世界から生まれる価値
立正大学研究室訪問「目指すは実務に活かす普及モデルの構築」
「創造的生活者」は企業・経済にどう影響するか
流行語が市場を創る?言葉とマーケティングの関係とは

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する