広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

字幕CM協議会の発足 本格運用へ

明石庸司

字幕付きCM本格運用へ

日本民間放送連盟(民放連)、日本広告業協会(業協)、日本アドバタイザーズ協会の3団体は、10月28日、「字幕付きCM普及促進協議会」を設立した。字幕付きCMの本格運用に向けて、課題の検討・整理を行っていく。

協議会の委員は、3団体の専務理事とCM関連の委員で構成。10月28日の初会合では協議会委員長に、塩野弥千夫・民放連CM運行検討小委員長(日本テレビ営業局長)が就任した。

同協議会は、今年1~6月に開催された総務省「スマートテレビ時代における字幕等の在り方に関する検討会」の取りまとめで、「関係3団体の連携の場を作り、課題の検討を行うことが必要」と指摘されたことを踏まえ、3団体で設立に向けて準備を進めてきた。

協議会の運営規則では、「聴覚障害者の情報アクセシビリティ向上のため、関係3団体の連携により、字幕CMの普及を図ること」を目的として記載。また、今後1年間の活動計画として、字幕付きCMセミナー(第1回は12月9日に関係者を対象に開催)や障害者団体との意見交換会を開催していくことなどを決めた。

民放連放送基準の改正

民放連は今年6月13日に行った放送基準の改正を11月1日に施行した。7項目にわたる改正のうち ...

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

アナログ訴求が逆に新鮮?OOHの展開事例
新聞各社の新技術導入の試みとは
字幕CM協議会の発足 本格運用へ(この記事です)
世界のリーダーが考えるマーケティングの未来とは
カンヌライオンズ部門新設や各賞決定ほか
非中央集権化コミュニケーションとマーケティングの関係
社会における位置づけとして表彰制度を考える
JPMプロモーショナルマーケター認証資格試験とは
21世紀のコンテンツクラスタ:コンテンツイノベーションプログラムとは?
仁川アジア競技大会の現実から学ぶべきこと
日本プロモーショナル・マーケティング協会展が開催
交通広告に見る動画表現の多様性
新聞広告大賞に集英社『ONE PIECE』ほか
日本民間放送連盟、共同で見逃し配信サービス検討
有力企業の広告費、前年比15%ほか
日本経済再生のカギはマーケティングにあり?
イベントと社会の距離についての意識調査
日本からアジアへどう出るか?クールジャパンとビジットジャパン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する