広告マーケティングの専門メディア

NY海外視察研修 現地レポート

日本広告界の未来を占う 米広告ビジネス6つの潮流

榮枝洋文

「日本の数年先を行く」と言われる米国流をそのまま国内に持ち込んでも、成功する見込みは低い。だが米広告界の現状に学べることは非常に多い。本視察研修の解説役を務めたデジタル・インテリジェンス榮枝洋文氏のセッションから、6つのトレンドに言及する。

IT・CRMテクノロジー企業の台頭

今回視察したAcxiomをはじめとし、米広告界ではCRM・データベース運用のテクノロジー企業が好調だ。榮枝洋文氏は「IT企業が中心となって、データベース活用などのサービスから入り、企業のマーケティング領域のコンサルティング・広告活動を手掛ける動きが活発化している」という。

こうした企業のテクノロジーを使い、より精緻で質の高いターゲティングをすることで、ターゲット毎にクリエイティブやアプローチ方法を変え、広告の投資対効果を高めることが可能だ。IT・CRMテクノロジー企業とトラディショナルなエージェンシーはしばしば競合し、米広告界における企業の勢力図を塗り替えつつある。

進むインハウスエージェンシー設置

一方、広告主の動きを見ると …

あと85%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

NY海外視察研修 現地レポート の記事一覧

NY視察研修参加者レポート 私たちが現場から学んだこと
日本広告界の未来を占う 米広告ビジネス6つの潮流(この記事です)
成果につなげるTBWAの米国流ダイバーシティ
アドバタイジングを超える NY次世代型エージェンシー4社の挑戦
「データ×クリエイティブ」を紐解くOgilvyOne流3つのキーワード

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する