広告マーケティングの専門メディア

広告会社トップに聞く

日本経済社トップに聞く「基盤と人的リソースを生かした新展開」

日本経済社

日本経済社の社長に3月25日付で就任した冨田賢氏は、日経グループの一員としてグループ各社との連携強化を掲げる一方、既存の広告会社の枠組みにとらわれない多様な収益源を模索している。冨田社長に今後の方針を聞いた。

日本経済社 代表取締役社長 冨田 賢(とみた・さとる)
成蹊大学工学部卒業後、1981年日本経済新聞社入社。日経アメリカ社出向、電子メディア局マルチメディア営業部長、デジタル営業局長、執行役員クロスメディア営業局長などを経て、2014年3月に現職。

─近年の広告業界および日本経済社を取り巻く環境はどう変化しているか。

リーマンショック後の厳しい時期からはようやく持ち直しつつありますが、今年の動向を見ると、消費税増税後の消費や広告需要の回復が当初の想定よりも鈍いと感じます。

広告ビジネスの構造が変わりつつあります。広告会社がマスメディアのコミッションのみを頼りに今後…

あと73%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告会社トップに聞く の記事一覧

日本経済社トップに聞く「基盤と人的リソースを生かした新展開」(この記事です)
大広トップに聞く「人の成長こそが大広の財産」
データ分析と創造力で顧客に成果を提供する
デジタル環境を踏まえたプロモーション施策を提供
博報堂プロダクツ「専門性を突き詰め得意先の課題解決を」
読売広告社 中田安則社長「次世代を見据えた投資に注力」
アイプラネットのトップが語る「異業種格闘時代に対応できる広告会社へ」
ADKのトップが語る「購買に近いところまで支援できる体制づくり」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する