広告マーケティングの専門メディア

ネイティブアドの効果と可能性

誘導先のPVが2カ月連続で2倍に ワコールのネイティブアド企画

ワコール

下着メーカーのワコールが8月2日の「パンツの日」に合わせてWebメディアに掲載したネイティブアド「私はパンツ」の企画は大きな成果を上げた。ワコール広報・宣伝部WEB・CRM企画課の北見裕介氏に、成功のポイントを聞いた。

ネイティブアドがコンテンツとして拡散され、「WACOAL BODY BOOK」のPVは通常時の2倍になったという。

媒体側からの提案で企画決定

今年8月2日、ツイッターなどのSNS上で、8月2日と語呂を合わせた「パンツの日」というキーワードが話題になった。この「パンツの日」に合わせ、ワコールでは、パンツを主人公にした「私はパンツ」というショートストーリーを募集すると共に、同社の情報サイト「WACOAL BODY BOOK」内に特設ページを設け、「私はパンツ」の短編を掲載するキャンペーンを行った。キャンペーンは話題を呼び、ショートストーリーの応募件数は約100件、サイトのPVは通常の2倍に達した。

この成功の導火線となったのが、パンツの日の2日前、7月31日に30~40代の女性に向けたライフスタイル情報を発信するWebマガジン「MYLOHAS(マイロハス)」に掲載された記事だった。「愛が訪れるスペシャルストーリー『私はパンツ』8月2日はパンツの日」という記事は、PRのカテゴリーになっているが、あるOLの恋の終わりと始まりを描いた読み物で、冒頭から終わりまで広告も商品説明もない。ただ、文末に「スペシャルストーリー『私はパンツ』はこちらにも」という見出しで3話分のリンクが張られており、その下にワコールの広告リンクがある。一見、何のPRかよく分からないこの記事こそ、ワコールと「マイロハス」編集部によるネイティブアドだ。

この仕掛けを考案したのが、同社の北見裕介氏。パンツが主人公の小説を主軸に据え、読者も巻き込む個性的かつ手の込んだ広告だが、どのように企画されたのだろうか。「ワコールグループ全体でパンツの日を盛り上げようということで…

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ネイティブアドの効果と可能性 の記事一覧

「騙された気分」にさせないネイティブアドのポイントとは
ネイティブアド先進国・米国での調査データに見る“バナー広告離れ”
ユーザーの疑問や悩みを解決するコンテンツになっているか
カギはエンゲージメント? ネイティブアドの効果測定法の現状
海外事例に見るネイティブアドの多様化と可能性
先進媒体「ハフィントン・ポスト日本版」編集長が語るネイティブアドへの期待
カギは広告を流すタイミング ツイッター社に聞くネイティブアドのリーチ力
RBジャパンが仕掛けたネイティブによる商品の自分ごと化促進
押さえておくべきネイティブアドの要点とは
誘導先のPVが2カ月連続で2倍に ワコールのネイティブアド企画(この記事です)
いまなぜネイティブアドが注目されるのか
広告は、「見せる」から「使われる」へ

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する