広告マーケティングの専門メディア

ワールド・レポート

中小広告会社のクリエイティブ力

米アドエイジ誌は7月、同誌が主催する「スモール・エージェンシー・アワード」を発表した。今年で6回目の開催を迎えた同賞は、従業員数150人以下の独立系エージェンシーを対象に、優れた成果を収めている企業を発掘・顕彰することを目的としている。今回は、受賞を果たしたエージェンシーの事例の中から、注目の事例をピックアップして紹介する。

リアルとバーチャルをつなぐCMでアメフトファンをゲームへといざなう

テレビCM EA Sports「Madden NFL 25」

「Summer Camp」篇に登場するのは、NFLプレイヤーのラッセル・ウィルソンとコリン・キャパニック。



インテグレーテッド部門でゴールドを受賞したのは、スポーツゲームソフトを販売するEA SportsのテレビCM。アメリカンフットボールゲームシリーズ「Madden NFL」の発売25周年を記念した最新作「Madden NFL25」のプロモーションを目的としたもので、「Summer Camp」篇と「Running Back Sons」篇の2篇がある。「Summer Camp」篇に起用されたのは、NFLのフォーティナイナーズに所属するコリン・キャパニックと、シーホークスに所属するラッセル・ウィルソン。幼き日の2人は、Madden NFLで遊びながら「いつか自分たちが登場するMadden NFLで対戦しよう」と約束を交わし、鍛錬を積んで見事NFLプレーヤーに。約束通り、自らが登場するMadden NFLでプレーする様子まで写し出される。一方、「Running Back Sons」篇に登場するのは、シーホークスのマーショーン・リンチと、テキサンズのアリアン・フォスタークの、なんと…

あと75%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ワールド・レポート の記事一覧

中小広告会社のクリエイティブ力(この記事です)
子どもから大人までBtoB広告のリーチ力
W杯を広告で振り返る

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する