広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議賞

宣伝会議賞 特別座談会 グランプリはこう狙え!

昨年は48万通の応募があり、年々グランプリ受賞のハードルが上がっている宣伝会議賞。過去3回の激戦を制したグランプリ受賞者たちに、受賞の秘訣を聞いた。

グランプリ受賞でコピーライターに?

――皆さんの応募のきっかけについて、教えていただけますか。

高崎▶ 昨年グランプリを受賞した高崎です。電通のWeb&システム・ソリューション局で主にEコマース関連の仕事をしています。あんまりコピーとは関係のない世界にいます。学生時代は広告業界のことをあまり知らなかったので、宣伝会議賞のことも入社してから知りました。同期がみんな出していたので、私も出してみようと。「高崎はコピーが書けないね」と言われていて、自分でもそう思っていたので、最初はCMの絵コンテを1枚出しただけでした。

日野原▶ 初めて応募したのは、大学2年生の時です。自分にはグランプリが獲れるんじゃないかという根拠のない自信があり、100万円欲しいなという下心もありました。元々キャッチコピーには興味があったので、自分の才能を確かめる腕試しのような気持ちでした。それからグランプリを受賞するまでの5年間で10本、100本、1000本と年々数を増やしていきました。

井上▶ 僕は昔からコピーライターになりたいと思っていて、でもなり方が分からなかった。それから、宣伝会議コピーライター養成講座に通ってみて、そこで周りが応募していたので、自分も出してみたという感じでした。次の年に講座の同期が協賛企業賞を獲って、それがうらやましくて悔しくもあり、がんばろうと奮起しました。始めは10本でしたが、次の年は100本、その次の年は1000本出しました。僕は本気でコピーライターを目指していたので、何か目に見えるかたちでの評価がほしかったんです。

高崎▶ 私の場合、「コピーを書こう」と意気込むと、逆に出てこなくて。恥ずかしながら、グランプリを獲った年も…

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議賞 の記事一覧

第52回 宣伝会議賞 課題発表
宣伝会議賞 特別座談会 グランプリはこう狙え!(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する