広告マーケティングの専門メディア

広告界イベント&新商品情報

最新オムニチャネルサービス他、ピックアップ新商品情報

オンライン・オフラインの貢献度を定量化

オンライン・オフライン行動の関係構造を統計解析手法によりモデリング。

アイ・エム・ジェイのMarketing&Technology Labsは、7月9日より「O2O貢献度分析サービス」の提供を開始した。

O2Oやオムニチャネルといったキーワードへの注目が高まる一方で、オンライン・オフラインにおけるマーケティング施策の貢献度やKPI設定が課題になっている。

同サービスは、ユーザーのサイト閲覧などのオンライン行動と来店などのオフラインの行動におけるアンケート結果を統計解析の手法を用いて分析し、ユーザーの来店確率を算出するモデルを構築する。構築されたモデルを基に、コンテンツを閲覧することで来店確率がどれだけ上がるかといったコンテンツごとの影響度を算出。KPI設定や施策の最適化を図ることが可能となるという…

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する