広告マーケティングの専門メディア

アドテクノロジー

データ時代に見る「ネット広告と個人情報」

宮一良彦(サイバー・コミュニケーションズ)

テクノロジーの進化に伴い、より精度の高いターゲティングが可能となった一方で、個人情報の取り扱いへの懸念も高まっている。インターネットの健全な発展を目指すインターネット広告推進協議会(JIAA)は、データの利活用に対する方向性を提示している。

インフォメーションアイコンの表示例。広告クリエイティブの右上にアイコンをオーバーレイ表示。

インターネット広告は、大規模分散システムや機械学習といったテクノロジーの発達により、近年爆発的な進化を遂げている。日本の一般的なDSPでさえ、月間1000億を超えるリアルタイムオークションを処理し、蓄積したプロフィールデータとキャンペーン進捗状況から最適な広告を0.1秒程度で推測して配信するようになった。

急激な進化は、個人に関する情報の考え方にも大きな影響を与えた。従来「個人情報ではなく、匿名個人の識別情報で広告を配信している」としていたが、テクノロジーの発達と大規模データから類推するプロファイルの精度向上により、データの取り扱いによっては個人のプライバシーに影響をおよぼしかねない状況となった。

JIAAでは、こうした背景から…

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アドテクノロジー の記事一覧

データ時代に見る「ネット広告と個人情報」(この記事です)
アドテク活用最前線 広告配信は「枠」から「人」と「機」を捉える時代へ
世界大手のテクノロジー企業から見た日本のアドテク市場
一風堂のアドテク活用「空腹時間帯狙った広告配信」
オリックス生命保険のアドテク活用「DMP導入でCMとデジタル広告を最適化」
日本航空のアドテク活用「課題はターゲティングから次のフェーズへ」
アドテク活用により実現する「オーディエンスファースト」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する