広告マーケティングの専門メディア

アドテクノロジー

オリックス生命保険のアドテク活用「DMP導入でCMとデジタル広告を最適化」

オリックス生命保険

オリックス生命保険は、昨年からDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を導入している。DMP導入に踏み切れない企業が多い中、DMPを導入したことでどのような成果を上げることができたのか。

img01

強みである対面営業をオンラインでも可能に

「ビッグデータ」の有効活用が叫ばれる現在、その根幹を成すDMPに注目が集まっている。

組織や予算上の都合により、導入に踏み切れない企業が多い中で、昨年10月、オリックス生命保険は自社開発のプライベートDMPを導入。デジタル広告、テレビCMのアトリビューション分析を実施、広告費の大幅な見直しを行った。

DMPとは、Webサイトの訪問者データやディスプレイ広告の閲覧データなどを、自社の会員データや顧客IDと紐づけて一元管理し、広告配信を最適化するプラットフォームだ。

DMPを導入した背景について…

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アドテクノロジー の記事一覧

データ時代に見る「ネット広告と個人情報」
アドテク活用最前線 広告配信は「枠」から「人」と「機」を捉える時代へ
世界大手のテクノロジー企業から見た日本のアドテク市場
一風堂のアドテク活用「空腹時間帯狙った広告配信」
オリックス生命保険のアドテク活用「DMP導入でCMとデジタル広告を最適化」(この記事です)
日本航空のアドテク活用「課題はターゲティングから次のフェーズへ」
アドテク活用により実現する「オーディエンスファースト」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する