広告マーケティングの専門メディア

EDITOR'S PICKキャンペーン

W杯試合中に即興でVine動画を制作 日本コカ・コーラの「Happy Stadium」

日本コカ・コーラ

制作されたミニスタジアム。1000本以上のボトルが観客席に。選手ボトルの配置換えは全て手で行い、コマ撮りと同様の手法で撮っている。

リアルタイムにVine動画を制作・投稿

6月15日の2014FIFAワールドカップブラジル大会 日本対コートジボワール戦。ミニチュアのスタジアムが設置されたCM撮影スタジオでは、スタッフが日本代表のゴールシーンを今か今かと待ちかまえていた。前半16分、本田圭祐が先制ゴールを放つと、すぐさま準備開始。ミニチュアのスタジアム上で、選手に見立てたネームボトルを使ってゴールシーンを再現した。その場で撮影し、すぐにVine動画に仕立ててツイッターの日本コカ・コーラアカウントから投稿する。その間わずか18分。30万人余りのフォロワーからは「早すぎる」「まさか本当に今撮ってるの?」などの反応が次々と寄せられた。

この「Happy Stadium」キャンペーンは、W杯のオフィシャルパートナーである同社がソーシャルメディア上で展開しているW杯企画の一つ。コカ・コーラでは「World’s Cup(みんなのワールドカップ)」というコンセプトのもとグローバルで様々な取り組みを行っている。「今回の大会は、日本では試合時間が深夜・早朝なので、リアルに同じ場所で観戦するのが難しい。そこで、W杯を通じてソーシャル上で一緒に盛り上がれるコンテンツを作成することで、『みんなのワールドカップ』を実現したいと考えました」と日本コカ・コーラ マーケティング本部 IMC iMarketing ソーシャルエンゲージメントマネージャーの塩田悠二氏は話す。

人気のネームボトルキャンペーンと連動

同社ではこのHappy Stadiumに先行して ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

EDITOR'S PICKキャンペーン の記事一覧

W杯を「円陣」で盛り上げる!アディダスが仕掛けるW杯プロジェクト
W杯試合中に即興でVine動画を制作 日本コカ・コーラの「Happy Stadium」(この記事です)
セカオワとタイアップした最先端のエンタメ表現 「ひかりTVみらい系エンタメ」
「人魚姫姿で季節感とうるおい補給をアピール」大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーター キャンペーン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する