広告マーケティングの専門メディア

カンヌにみる創造的ビジネスの世界

カンヌ速報:ビジネスとクリエイティブの融合

8日間にわたる非日常の“祭り”が終わり、広告界にまた日常が戻ってくる。とはいえカンヌは終わっていない。この8日間で得られた様々な知見を元に、フェスティバルに参加していない人も巻き込みながら、ここからまた広告の未来についての議論が続けられていくのだ。

カンヌは広告クリエイターにとってはインスピレーションを得る場であり、表彰や他人の受賞への羨望を通じてモチベーションを引き出される場である。では、マーケターにとってはどうだろう? 博報堂 生活者データマーケティング推進局・局長/兼博報堂DYメディアパートナーズ データドリブンビジネスセンター・センター長の安藤元博氏は、今年カンヌライオンズを初めて訪れた。マーケティングや従来のメディアビジネスとクリエイティブをいかに融合させるべきか、という問題意識から、カンヌでその方向性が見えることを期待して参加したという。

「私はこの両者をつなぐのがデータだと考えており、その点から ...

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

カンヌにみる創造的ビジネスの世界 の記事一覧

カンヌ速報:ビジネスとクリエイティブの融合(この記事です)
カンヌライオンズ:押さえておくべき主要受賞作品
カンヌ2014をどう見た?キーパーソンへの現場インタビュー
速報レポート!カンヌの新しい試み「Lions Health」とは?
カンヌ セミナーレポート:コカ・コーラ リアルタイムマーケティングへの挑戦
日本から500人以上が参加! カンヌライオンズ2014 ハイライト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する