広告マーケティングの専門メディア

広告業界トピックス

W杯の次世代テレビ対応

明石庸司

141_01.jpg

6月2日から試験放送される「Channel4K」。

今月いよいよ開幕する2014 FIFAワールドカップ。NHKと民放連が地上波とBSでの放送計画を発表する中、次世代テレビの4Kと8Kの放送計画も一部明らかになった。4KはCSでの試験放送を開始、8KはNHKがパブリックビューイングを実施する。

次世代推進フォーラム(NexTV-F)は5月20日、6月2日から4Kテレビの試験放送を開始すると発表した。スカパーJSATの124/128度CSデジタル放送で実施し、チャンネル名は「Channel4K(ちゃんねるよんけい)」。13時から19時までの1日6時間程度の放送で、テレビ各局が制作した音楽ライブや紀行番組など高画質を活かした番組を編成する予定としている。

4Kは現行のハイビジョンの縦横2倍の高精細の画像で60P(毎秒60フレームのプログレッシブ形式)で放送を行う。映像の圧縮方式はハイビジョンの約4倍の圧縮効率のHEVCを採用する。

試験放送の視聴は無料だが ...

あと71%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告業界トピックス の記事一覧

テレビ市場外で増殖する「映像」
博報堂DYH、ニュース編集・制作の新会社設立他、業界ニュース
メーカー営業の販促提案力は今
進化した街頭ビジョン
新聞各社が防災・減災サイト開設
W杯の次世代テレビ対応(この記事です)
コトラー来日、フォーラムレポート
W杯にみるマネジメント課題
ボランティアで音楽イベント参加「RockCorps」日本に上陸
国際化する吉本芸人とシリコンバレーの新たな結合
浅田真央選手がサイネージを滑走するOOH
日本プロモーショナル・マーケティング学会が総会を開催
愛知新聞、大分合同新聞など読者限定電子版の取り組み
放送倫理検証委員会による「ほこ×たて」「明日ママ」への見解とは
観光・地域マーケティング研究会の取り組み
大手広告主の主要課題は「販売に直結するコミュニケーション」がトップに
GNZO(群像)の時代
日本マーケティング学会「知のコミュニティ」形成する取り組み

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する