広告マーケティングの専門メディア

広告界就職ラボ

広告界就活成功の秘訣 「客観視の鬼」になろう!

第一志望の会社から内定を勝ち取れるのは、広告業界志望者の中でも一握りだけ。この難関を突破して、内定を得た先輩たちは、いったいどのような活動をしていたのでしょうか。就職活動を終えたばかり、2015年度入社で大手広告会社の内定を勝ち取った先輩がアドバイスします。

150_01.jpg

自己分析では、「模造紙」を活用。「自分の体験や経験などのエピソードをふせんに書き出し、模造紙に貼ることで自分の過去を俯瞰視することができました。構造化しながら整理できる点も、自己分析に役立ちました」。

就職活動を意識し、本格的に活動を始めたのはいつ頃ですか?

大学3年生の6月頃です。この時期から、大手広告会社のインターンシップのエントリーがスタートするので、この頃から活動を始めました。当時はまだ、スケジュール管理にも不慣れで、課題を出し忘れて、希望の会社のインターンシップにエントリーできなかったりと、失敗もありました。

内定を勝ち取れた理由を自己分析してみると?

広告業界が第一志望だったので、内定をいただいた時は、本当にうれしかったです。自分がなぜ、内定をいただけたのか分析してみると、「客観視の鬼」になれたことがよかったのではないかと思います。独りよがりになっていないか、常にもう一人の自分がチェックしているような気持ちで、エントリーシートや面接の表現を練りました。ただ、一人で客観的な視座を保つにも限界がありますので、友だちや先輩などたくさんの人と話して、率直な意見をもらうようにもしていました。エントリーシートを他人に読んでもらい、意見を交わせたのは良かったです。

学生時代にこれをやっていてよかった!と思ったことは? ...

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広告界就職ラボ の記事一覧

広告界就活成功の秘訣 「客観視の鬼」になろう!(この記事です)
業界リーダーに聞きました(3)プロデューサーになるために最も大切なこと
業界リーダーに聞きました(2)アカウントプランナー編「人が気にしないことまで、気にかける力」
業界リーダーに聞きました「デジタルの世界で活躍するためには?」
人事担当者に聞きました「地域の広告会社で働く醍醐味とは?」
人事担当者に聞きました「LINEで働くために必要な素養とは?」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する