広告マーケティングの専門メディア

           

前代未聞!前人未到のプロモーション

コーヒー消費「第3の波」で、缶コーヒー市場拡大狙う

日本コカ・コーラ「ジョージア ヨーロピアン」キャンペーン

世間で話題になるキャンペーンは、どんな風に実現したのか?誰もカタチにしたことがない企画の裏側を公開します。

012_01.jpg

3月24日~5月18日にかけ、期間限定でオープンしている「コーヒーハウス ヨーロピアン」(東京・表参道)。母の日向けプレゼントとしてタンブラーを制作するワークショップや、映画評論家・有村昆さんによる、映画にまつわるトークショーなどを開催。

市場激化の中で大幅リニューアル

「コーヒー」市場のシェア獲得競争が、ますます激しくなっている。チャネルとして急成長しているのはコンビニエンスストア。2012~13年にかけ、各社がいれたてコーヒーの店頭販売を強化している。特にセブン-イレブンは、13年1月末に始めたセルフ式ドリップコーヒー「セブンカフェ」の累計販売数が14年2月末に目標の4億5000万杯を超え、販売店舗は3月時点で約1万6100店舗に上る。リピート購入率も55%と高い。

ネスレ日本が投入した家庭用コーヒーサーバーのヒットに、UCC上島珈琲やキーコーヒーも続こうとしている。さらには、首都圏の食品スーパー、サミットや、いなげやは1杯ずつ抽出するコーヒーマシンを店舗内に順次設置していく考えだ。

コーヒーと消費者の接点が広がる中、缶コーヒー全体は苦戦を強いられている。消費税増税に伴って一部値上げしたことも逆風だ。こうしたなか、日本コカ・コーラは4月7日にリニューアル発売した、主力ブランドの「ジョージア ヨーロピアン」で反撃を狙う。

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

前代未聞!前人未到のプロモーション の記事一覧

コーヒー消費「第3の波」で、缶コーヒー市場拡大狙う(この記事です)
高級店からレシピ提案、「焼く」キットカットで販売加速
電柱からマンション壁面まで...スーパー激戦区をジャックした西友の広告
パルコの冬セール、「謎解き」効果で前年超える売上達成
「微糖のフチ子」フィギュアを72万本にベタ付け、12月の出荷量は2倍に
なぜ保険会社が駅伝を始めたのか?のべ1584人で日本一周達成

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する